スタ★カラ ビューティ部

509509561

厚塗りからの卒業!ナチュラルなのに美しく見せるコツとは!?

2015.07.08


ついつい厚塗りになりがちなメイクですが、重ねて塗ってしまうとかえって老けた印象に。ベースメイクは何度も重ねず、一度で美しく仕上げて。メイクに色が ないと疲れた印象になってしまうので、ポイントメイクも重要。顔全体から浮かないように、肌になじむ色をセレクトしてうまく使いましょう。

厚塗りからの卒業!ナチュラルなのに美しく見せるコツとは!?

アラフォーになると気になりだすのがシミ、シワ、くすみ。気づけばメイクが厚塗りに……。 厚塗りをすると、かえって美しく見えないもの。30代、40代の経験を積んできた女性の魅力は、内面から出る余裕と美しさ。そろそろ本来の自分をキレイに見せるメイクにシフトしませんか?

厚塗りとはさよならして、ナチュラルで素敵な大人女子になりましょう!

もともとの肌をうるつやに!素肌をキレイにするコツとは

メイクで厚塗りしないためには、まず素肌を美しくすることを心掛けて。

スキンケアは大丈夫? スキンケアの基本は「落とす」こと。意外と知らない、クレンジングと洗顔のポイントを教えます。

まず、クレンジングは肌にやさしいものを選んで。アイメイクが濃いからといって、顔全体に強いクレンジングを使ってしまうと、肌に負担がかかるので要注意! できるだけ肌によい、無添加のものを選ぶのが正解です。例えば、クレンジングバームなどは肌にやさしくて、乾燥対策やメイク残りも少ないのでオススメですよ。

次に洗顔ですが強くこするのは絶対にNG。よく泡立てて、指が触れないようにTゾーンから洗うのが正解。デリケートな目元や口元は、泡をのせるだけ大丈夫。ぬるま湯で念入りに落とすことも忘れずに。

そして、体の中から美しくするためには、食べ物や飲み物も大切。「甘いスイーツにコーヒーが大好物!」という人は要注意。砂糖やカフェインの摂りすぎは肌の大敵です。ほどほどにして、ビタミンが豊富な野菜を意識的に摂りましょう!

最低限のアイテムで弱点をカバーする方法

大切なのは、「重ねることで弱点をカバーする」という考えをやめること。細かいシミやシワはどれも気になってしまうものです。でも、だからといって重ね塗りすると、かえって老けた印象に……。しっかりカバーできるアイテムで、キレイにベースメイクをするのが大切です。次の2つのポイントを意識してくださいね。

コンシーラーは部分使い。色にも注意を!

コンシーラーの使いすぎは禁物。本当に気になる部分だけにして。気になるシミやくすみをカバーする色は、肌よりワントーン暗めを選ぶのがオススメ。明るい色を選ぶと、かえってシミやくすみが浮き出てしまうので要注意です。

カバー力のあるファンデーションを美しく塗る

ファンデーションは、毛穴やシワ、くすみを目立たなくしてくれるカバー力のあるものをセレクト。そして、ファンデーションブラシを使って塗りましょう。自然で、美しい仕上がりになりますよ。一度でいかにキレイに仕上げられるかがキモです。

上手に色を足して素敵に仕上げる、ポイントメイクの方法

最近はナチュラルメイクがトレンド。でも、30代~40代で本当に「ファンデーションを塗っただけ」の状態でいるのは危険。疲れている印象になってしまいます……。対策として、ポイントで色を入れていきましょう。次の3つを心掛けて。

アイメイクは肌になじむように

はっきりと色をつけるのではなく、あくまで自然になるように。アイシャドウやアイラインは、ブラウン系のものをセレクト。少しぼかしながら入れると自然ですよ。

チークはくすんで見えない色を

チークは、顔全体の印象を左右するので大切です。まず、笑ったら盛り上がる部分に置き、そこから横に流すような入れ方がオススメ。色はくすんで見えないものを選んで。薄めのピンクは失敗が少ないです。

リップは肌に近い色で光沢を少なめに

リップの色は、あまり顔全体で浮かないように、ベージュ系のピンクやオレンジをセレクトして。光沢感がありすぎると、唇だけ浮いてしまいます。

いかがでしたか? 今回紹介した方法を実践すれば、厚塗りしなくても「素敵」と思ってもらえるメイクの完成です。カバー力のあるアイテムをしっかり厳選して使い、ポイントで色を入れて華やかさを演出しましょう。メリハリをきかせた大人のナチュラルメイク、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

参考:

おすすめアイテム

Categoryカテゴリー

Ranking人気記事

このサイトについて