スタ★カラ ビューティ部

153630948

レモン水でデトックスして、軽やかな身体になろう!

2015.10.21


食べる量はそんなに増えていないのに、体重が増えてきた、なんとなく体が重い、そんな人に試してほしいがレモン水を飲むこと。

アメリカでは、セレブたちがレモン水を飲むことで短期間で体重を落としたと話題になっているのだとか。レモンを搾るだけで完成のレモン水。疲労回復や腸内環境を整えるといわれていて、ダイエットも期待できるかも!?

レモン水でデトックスして、軽やかな身体になろう!

レモン水の作り方

レモン水の作り方は簡単です。コップ一杯約200ml程の水にレモン1個分を絞って入れるだけ。効果を高めるためにも、砂糖は入れないのがポイントです。少し甘味がほしいようなら、はちみつを入れてみて。ホットで飲むのもおすすめですよ。

レモン水を飲むといいことだらけ!

レモン水には疲れた体の回復する力を高めてくれる「クエン酸」と整腸作用が期待できる「ペクチン」という有効成分が入っています。

こんなに役立つ、頼もしいクエン酸

レモンのすっぱさのもとはクエン酸。レモンには大量のクエン酸が含まれています。クエン酸には、疲労回復、ミネラル吸収の促進、血液内の老廃物を排出させるのに役立つのだそう。

 

  • 疲れたときに……
    疲れの原因といわれているのは乳酸。クエン酸がその疲労物質といわれる乳酸を分解して、二酸化炭素にして尿から排出する働きをしてくれます。クエン酸が不足していると乳酸がたまってきてしまうため、疲れの原因となってしまうのです。
  • お肌にうれしい
    血液は酸性に傾くとドロドロになり、動脈硬化や高血圧などさまざまな症状の原因となります。クエン酸は酸性に傾きがちな血液のpH値を、理想的な弱アルカリ性に戻してくれます。この状態に整うと冷えが改善されたり、肌のくすみが取れ明るくなったりするといわれています。
  • 骨粗しょう症にも!?
    また、クエン酸はミネラルの吸収率を高めてくれるといわれていて、骨粗しょう症の予防にも役立つそうですよ。

加えて、もうひとつ忘れてはいけないのが、クエン酸の活性酸素を除去する効果。体のサビのもととなる活性酸素を一掃するといわれています。

腸がスッキリ?ペクチン

レモンに含まれるもうひとつのダイエット成分がペクチンです。ペクチンは食物繊維の一種で、水溶性のものと不溶性のものがあります。ペクチンは、悪玉コレステロールを包み込んで排出したり、腸内でゲル状になって、便通をよくしたり腸の働きを整えるそうです。

 

悪玉コレステロールを排出することで、血糖値やコレステロール値の上昇を抑えることができるというわけです。疲労回復効果もあるそうですよ。

美容にもおすすめのレモン水

レモン水は血液をきれいにしたり、整腸作用を高めたりしてくれるだけではありません。豊富に含まれるビタミンCは、肌を健康的な状態になるよう促進してくれます。ビタミンCは肌の真皮の主な構成成分となっているコラーゲンの合成を助けるためにも必要だそう。
コラーゲンは年齢を経るとともに減少してしまいます。ビタミンCの取得によりコラーゲンの生成にプラスになるのであれば、摂らない手はないですね。

レモン水で健やかな毎日に


デトックスするためには、レモンを絞った水1リットル程度を、少しずつ分けながら1日で飲み干すのが効果的です。お休みの日などにレモン水を作って、1日デトックスデーなどを作るのも楽しそうですね。
ふだんは、朝、晩1杯ずつのレモン水を飲んでお手軽に、週末は集中してデトックスするというキレイの習慣を作るのはいかがでしょうか。血液やリンパの流れがよくなり、肥満やむくみの予防になるはずです。
なんといってもレモンがあれば実行てきる身近さが魅力です。レモン水を飲んできれいに磨きをかけましょう。
参考:

おすすめアイテム

Categoryカテゴリー

Ranking人気記事

このサイトについて