スタ★カラ ビューティ部

10161008955

老け顔にサヨナラ!ベースメイクでの上手なクマの消し方

2016.01.29


アラフォー女性の「少しでも若く見せたい!」という願いを邪魔する憎き存在、目の下のクマ。クマがあると、とたんに老け顔になったり、疲れて見えたりしてしまいます。そこで、そんな困ったクマをうまく隠す方法をご紹介します。

悩んでいた人も、諦めていた人も、参考にしてみてくださいね!

まずはクマのタイプをチェック!

クマを隠すベースメイクのやり方を覚える前に、まずは、自分のクマはどのタイプなのかを知ることが大切です。

 

そのためには、自然光の下でスッピン肌を鏡で見てみましょう。そして、クマの色をチェックします。同時に、クマができた原因を考えます。早速チェックしてみましょう!

 

  • 青クマ……冷えや寝不足、疲れにより、血行が悪くなっているとできるクマです。目の下の皮膚は薄いので、目の周りの毛細血管が血行不良を起こしていると青クマができます。
  • 茶クマ……紫外線や、繰り返しこするなどの刺激による色素沈着がおもな茶クマの原因となります。その場合はなかなか消えないこともあります。
  • 黒クマ……アラフォーから増えてくる黒クマは、実は目の下の皮膚の影! 年齢や老化などによるたるみによってできてしまいます。

 

いかがでしたか? いくつかの原因が重なっている場合もあると思いますが、そのなかでもどの傾向が強いかチェックすると、どのタイプなのかが分かると思います。

クマのタイプに合わせた上手なベースメイク方

できてしまったクマはメイクで解消! ベースメイク用のファンデーションやハイライトで隠すことができます。クマのタイプが分かったところで、それぞれのタイプにあった方法を実践してみましょう。

 

どのクマの場合でも、まずはメイクのノリが良くなるように、しっかりと洗顔をして、肌の汚れや余分な皮脂を落としてください。そしてベースメイクは、目の下の目頭の方から目尻に向かい、最後は跳ね上げるように意識して、塗っていくとうまくいきます。

 

  • 青クマ……血行不良でできる青クマは、少しでも血流を良くするために、メイク前にホットアイマスクや蒸しタオルで目元を温めると効果的。その後で、オレンジ系のベースメイクを使うとGOODです。
  • 茶クマ……茶色いくすみを隠すには、イエロー系、オークル系のベースメイクがおすすめ。この時、こするように塗るのは厳禁です。メイクの度に目の下の薄い皮膚に強い刺激を与えないように、やさしく乗せていってくださいね。
  • 黒クマ……たるみによる影を隠すには、イエロー系やオークル系のベースを目の下に入れてみましょう。さらにホワイトを軽く乗せることで、光を集めるように! ワントーン明るく仕上がります。

 

以上のクマ隠しメイクと同時に、鼻筋やまぶたにもホワイトでハイライトを入れて、立体感を演出しましょう。そちらに視線が行くことでよりクマが目立たなくなりますよ。

諦めないで一手間かけることが大切

普段から、寝不足や血行不良、色素沈着に気を付けるとともに、すでにできてしまったクマをメイクで上手に隠せばスッキリ! アラフォーだし、クマくらい仕方がないなんて諦めているのと、なんとかキレイに見せたいと一手間かけるのでは、印象がグっと違ってきます。

 

楽しくメイクして上手に仕上がれば、表情にも自信が持ててハッピーな1日が過ごせそうですよね!

 

参考:

 

おすすめアイテム

Categoryカテゴリー

Ranking人気記事

このサイトについて