ホーム > ベースメイク > クリームタイプ > フェイスカラー<レフィル>
detail480
クリームタイプのフェイスカラーは、伸びがよく自然なつやのある発色で、ナチュラルな肌に仕上げます。また乾燥せず、くすまず、肌なじみが良いのも特徴。ベースやハイライトと主成分が同じなので、混ぜ合わせて自分だけのオリジナルカラーも作れます。

フェイスカラー<レフィル>

¥ 2,500(税別)
色数 全5色
容量 2.4g
ご使用期間 約4〜6ヶ月(目安)
成分 <ブラッシャー> 酸化チタン、ワセリン、酸化鉄、アジピン酸ジオクチル、ステアリン酸オクチル、パルミチン酸オクチル、ネオペンタン酸イソステアリル、カルナウバロウ、タルク、カオリン、ミツロウ、トコフェロール、ブチルパラベン
<シャドウ> 酸化チタン、ワセリン、アジピン酸ジオクチル、ステアリン酸オクチル、パルミチン酸オクチル、ネオペンタン酸イソステアリル、酸化鉄、カルナウバロウ、タルク、カオリン、ミツロウ、水酸化クロム、トコフェロール、ブチルパラベン
<ローズピンク><ピーチピンク><アプリコットオレンジ> 酸化チタン、ワセリン、アジピン酸ジオクチル、酸化鉄、ネオペンタン酸イソステアリル、パルミチン酸オクチル、カルナウバロウ、ステアリン酸オクチル、タルク、カオリン、ミツロウ、水酸化クロム、トコフェロール、ブチルパラベン
発送日目安 1〜4日後
ポイント 25 pt

※お色を選択してください

フェイスカラー

個数

お問い合わせはこちら

商品の特徴

表情をデッサンする、ハリウッド流カラーメイク。
カオリ・ナラ・ターナーが提唱するハリウッド流メイクメソッド、表情をデッサンする"メイク・デッサン"。ベースやハイライト、フェイスカラーを混ぜ合わせて自分だけの色を自在に楽しめるのもSTAR OF THE COLORならでは。クリームタイプのフェイスカラーは、伸びがよく自然なつやのある発色で、ナチュラルな肌に仕上げます。また乾燥せず、くすまず、肌なじみが良いのも特徴。
お色の選び方
ローズピンク
ナチュラルな発色で上品な大人の女性らしさを演出。
ピーチピンク
かわいらしい女性のイメージを演出。特に色白の方におすすめのカラー。
アプリコットオレンジ
若々しく元気なイメージに仕上げます。
ブラッシャー
どんな肌色にも合わせやすく、艶やかな女性らしいイメージを演出。発色が非常によいので、ごく少量で使うのがポイントです。
シャドウ
シックな大人の女性を演出するカラー。フェイスラインに入れて小顔メイクにも使います。
〈注〉PCの環境等によりお色の見え方が若干異なります。あらかじめご了承ください
※お客様によってお色の好みは異なります。あくまで一般基準としてご参考ください

ハリウッド流メイクアップ

チークの入れ方

にこっと微笑んだ時に頬の高くなる部分を目安にして、頬骨下のくぼみを起点にフェイスライン側からスポンジで少しずつ色をのせていきます。笑顔の状態をキープしたまま、なじませてぼかすのがコツ。

シャドウはお顔の輪郭や目元の陰影をつける色としてもお使いいただくことが出来ます。このひと手間で顔全体の印象が驚くほど締まり、小顔効果やくっきりとした目元を演出します。 ※ブラウン20がおススメです。
小顔ラインの入れ方
シャドウカラーをポイント用ブラシにとり、手の甲でつきを調整します。お顔の輪郭で気になるところ(細く見せたい、二重あごなど)にポイントブラシで顎骨の縁におきます。シャープで引き締まった輪郭に。
目元くっきりラインの入れ方
ハリウッドセレブメイクの真髄、アイホールのシャドウテクニック。眼球の丸みに沿ってくぼみ部分にシャドウカラーを入れると目元の彫りを深く見せるが効果あります。
アイブロウ・アイシャドウの入れ方
アイブロウ(毛の色を調整)、アイシャドウ(目尻際からホールラインに向かってぼかす)を入れるとシャープな目元を演出します。
メイクアップ動画
  • クリームタイプ フェイスカラー

    女優のような陰影のある目元、シャープな小顔を作る魔法のカラーテクニックは、まさにハリウッドの真髄。伸びがよく自然なつやのある発色で、ナチュラルな肌に仕上げます。ごく少量で発色するので、付け過ぎないのがポイント。

この商品に対するお客様の声

STAR OF THE COLOR では、皆様からの商品に対するレビューを募集しております。
沢山のご感想、ご意見をお待ちしております!
>> その他の商品レビューはこちらから

新規コメントを書き込む

    • Dr.ヨルムンガルデン 様
    • 性別女性
    • 都道府県福岡県
    • 投稿日2015/10/22
    • ★★★★ 4

    日本人顔にも映える

    のっぺりした扁平な印象の顔をしているのでフェイスカラーはおおだりかりアイテムです。
    ベースカラーとハイライトも合わせると自然に立体感が出ます。
    するする伸びて使い心地もいいので気に入っています。
    粉よりはクリームの方が定着する感じがいいですね。

    • ヤマダサオリ 様
    • 性別女性
    • 都道府県北海道
    • 投稿日2015/08/26
    • ★★★★★ 5

    立体感

    ニキビ跡や湿疹跡があって下地から作り上げる習慣がありましたが、フェイスカラーとハイライトでのナチュラルメイクを試してみたら健康的だとほめられました。
    地の色が白いのにあらを隠そうと厚塗りになっていたのかなと思います。
    多少赤いところが透けて見えても、完全に塗り込めるより血色が窺えるくらいの方がいいのかもしれません。
    意識が変わりました。

    • 古都葺き 様
    • 性別女性
    • 都道府県大阪府
    • 投稿日2015/07/27
    • ★★★★ 4

    元気に見える

    色白にあこがれが強かったのでこれまではベースとハイライトだけで使っていました。
    でももともと地黒なので、心なしか浮いている気がしていました。
    顔色が悪く見られたりして。
    濃いめのフェイスカラーを選んだらジャストフィットだったのか、元気に見られるようになりました。
    色白になりたかったけど、やっぱり地肌に合わせた無理ない色選びは重要らしいです。

    • ブレートグリテン 様
    • 性別女性
    • 都道府県愛知県
    • 投稿日2015/04/16
    • ★★★★★ 5

    お気に入り!

    のっぺりした日本人顔がずっとコンプレックスで、フェイスカラ―を使い始めてなんだか気分まで上がりました。
    色を描くように入れて行くのでちょっと小技が必要ですけど、慣れるほど上達していくのが楽しいです。
    自然に凹凸が際立つというか、のっぺり顔でも立体感が浮き出るというか、不思議な気分になります。
    まるで自分の顔自体が良くなったみたい。
    お気に入りです!

    • ぱるぷんてん 様
    • 性別女性
    • 都道府県東京都
    • 投稿日2015/03/16
    • ★★★★ 4

    ブラッシャーで肌色生き生きに

    くすんだ肌色をどうにかしたくてファンデーションを塗ると全体的に平面っぽくなってしまうのが悩みで、フェイスカラ―を利用するようになりました。
    顔色がよくないとしょっちゅう言われていたのですが、最近ではだいぶ元気そうだと言ってもらえます。
    凹凸を立体的に演出するだけで随分印象が変わるのだと実感しました。カラーはブラッシャーを使っていますが、次はローズピンクにするつもりです。

このページのトップへ