あらゆる肌色へ スター★オブ ザ カラー
素肌より、ファンデーションを付けている方が調子がいいんです。
こんにちは! スター★オブ ザ カラーの吉田佳菜子です。
サンプルは届いているでしょうか?

今日はプロのメイク術のご説明をいたします。
サンプルをお手もとにご用意の上、このメールを読みながら、メイクをしてみてくださいね。
お届けしたサンプルをご紹介します。
メイクアップアーティストのワザ、お見せします!
プロのワザその1 ベースファンデーション
◎ベースファンデーションの最大のポイントは、「量」

よーく伸びるので、ほんの少しだけスポンジに取って、すっすっと顔全体に伸ばしてください。
伸ばし方のコツは、動画を見てくださいね。

サンプルでの適量の目安は、丸いファンデーションを端から端まで2回こすって取れる量です。肌をやさしくなでるような感じで、スポンジを使って取ってくださいね。
ベースファンデーションの使い方
ベースファンデーションの詳細はこちら
プロのワザその2 ハイライトファンデーション
◎コンシーラーの代わりに使える、ハイライト

ハイライトファンデーションは、コンシーラー代わりはもちろんのこと、シワなどのカバーにも使えます!

ハイライトの使い方のポイントは、広く伸ばして、ぼかし過ぎないようにすること。 少しハッキリしすぎかな、と思うくらいにメリハリをつけることをおすすめします。
目もとも工夫次第で、今よりもっと若く見えるメイクにもなります。
  ハイライトファンデーションの詳細はこちら
プロのワザその3 フェイスパウダー
◎パウダーは、ポンポンと乗せるように

崩れやテカりを防ぐ、フェイスパウダー。
パフで、こすったり、すべらせたりするのは、厳禁。
ポンポンと軽くたたき込むようにパウダーを乗せてください。

付けすぎは、乾燥やシワのもとになりますので、余分な粉はブラシで落としてください。最後のひと手間は、仕上がりを大きく左右します。
  フェイスパウダーの詳細はこちら
ご愛用者インタビュー 素肌より、ファンデーションを付けている方が調子がいいんです。
乾燥もしないし、崩れないし、薄付きなのにカバー力もあるし、とにかく良いことばかり。私みたいに肌が弱くても、トラブルがないのもすごいところですよね。
それに、素肌でいるよりファンデーションを付けてるときのほうが調子がいいんです。もう、本当にパーフェクトですね、コレは。

年代的に、”焼くのがおしゃれ”な時代だったんですよ。だから、実は頬とかにも結構シミがあるんですよ。でも、それも・・・
ご愛用者インタビュー 全文は、こちら
本日から10日間限り。メイクパレットプレゼントを無料プレゼント!
メイクパレットを無料プレゼント! スター★オブ ザ カラーのメイクパレットは
クリームファンデーション、ハイライト、フェイスカラーの各レフィルを1つに収めることができるので、
「自分に合う色を入れておけば、これ1つで素肌感のあるメイクができる!」と、多くの方にご好評いただいています。

 
プレゼントがもらえて、送料無料『定期コース』詳しくはこちら
※プレゼントはお1人様1つ、1回限りです。 レフィルは含まれません。
※フリーダイヤルをご利用の方はご注文時に「パレットプレゼント」と一言お伝えください。
 
本日から10日間限り。ミニボトル(標準色03)を無料プレゼント!
ミニボトル(標準色03)を無料プレゼント!
リキッドタイプのプレゼントは、標準色03のミニボトル(約1ヶ月分)。
とっても小さいので、旅行に持って行ったり、ポーチに忍ばせたり、便利ですよ♪

リキッドファンデの詳細はこちら
プレゼントがもらえて、送料無料『定期コース』詳しくはこちら
※プレゼントはお1人様1つ、1回限りです。 
※フリーダイヤルをご利用の方はご注文時に「ミニボトルプレゼント」と一言お伝えください。

 
 
 
 

このメールは、スター★オブ ザ カラーのサンプルにご応募いただいた方にお届けしています。
◎お知らせメールの解除設定は、下記URLよりお手続きください。
https://shop.star-color.jp/account/cancel/

発行者:スター・オブ ザ カラージャパン
URL: http://www.star-color.jp/

このメールは配信専用メールアドレスからお送りしています。
◎お問い合わせはこちらからお願いいたします。
https://shop.star-color.jp/contact/index

◎フリーダイヤル:0120-702-993(受付時間:10:00〜18:00・土日祝除く)

 
Copyright (c)2016 LINKS CO., LTD. All Rights Reserved.
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。