HOME インタビュー一覧 誰にでも、必ず合う色が見つかるんです。“吹き出物”や“クマ”もファンデーションだけで◎! プロの現場から

結城春香

たくさんのファンデーションがあると思いますが、どんなキッカケで、スターオブザカラーを使うようになったのですか?

結城さん もう8年くらい前になると思うんですけど、スターオブザカラーが初来日したときにテレビ番組で紹介されたことがあって。その番組でメイクの担当をして以来、ほとんどの現場で使うようになったんです。私は、映画やドラマの仕事が多いんですけど、特殊なメイクも、吹き出物やクマも、全部ファンデーション1つでメイクできるのは助かりますね。それに、色も豊富なので、誰にでも必ず合う色が見つかるんです。私の場合、特殊なメイクはクリームタイプ、ナチュラルな普通の人をつくるときにはリキッドタイプを使うことが多いですね。

長時間の撮影でも崩れにくいし安心です。実際、気に入って買う女優さんも多いですよ。

初来日から8年間、ずっと愛用されているんですね。
他のファンデーションと比べると、どんな違いがあるのでしょうか。
結城さん まずは、化粧崩れしないモチのよさですね。撮影の現場は、どうしても朝までだったり長時間になる場合があるんですよ。そうすると、どんなにキレイな女優さんでも、やっぱりクマだって出てくるし、思いもよらぬところにデキモノもできてくるし。ちょっと直さなきゃいけないときに、他のファンデーションだと上から塗ってもすべっちゃって上手く付かないんですね。例えば『鼻のアタマだけ直しましょう』という時にキレイにのらないとか。それに、今はハイビジョンの時代で、特にテレビは雑誌と違って修正がきかないですからね。実際に、使った女優さんが気に入って購入されることも結構ありますよ。

男女問わず、年配の方から若い女優さんまで幅広く。実は、男性アイドルの方も指名買いしています。

ハイビジョン映像は毛穴まで見えるし、ファンデーションは重要ですよね。実際に、どんな俳優さんや女優さんが使っているのか、こっそり教えてもえませんか!?

結城さん それは言えないですけど(笑)。男女問わず、年配の方から若い女優さんまで幅広くですね。某、男性アイドルの方はタウニーの色が好きで、指定で使っていますよ。あとは、ちょっと吹き出物ができたり、シミやシワが気になってきたり、お肌に自信がなくなった時ほど、求められるファンデーショだと思います。

メイクで一番大事なのはベース。ほっぺたから塗って、最後に口や目の周りで自然な仕上がりに。

男性の方にも愛用者が多いんですね、ちょっとびっくりです。
私たち素人が上手に塗るコツはありますか。
結城さん ベースは一番大事ですからね。アイシャドウやアイラインは、どれでもそんなに変わらないんですよ。メイクで何が一番キレイに見えるかっていうと、やっぱりベースがメインになってくるんです。塗り方のポイントは、最初に面積の広いほっぺたから塗って、最後に口回りや目の周りにいくような塗り方をすると、自然でキレイに仕上がるし、モチもよくなります。あと、注意して欲しいのが、クマがあるからって何回も目の周りを塗ったり、法令線が気になるからって口の周りを一生懸命塗ると、逆にそれがくすみやシワのもとになったり、乾燥のもとにもなって老けた印象になっちゃうんですよ。目の周りや口の周りにファンデーションを塗れば塗るほど、老けて見えるので気をつけてください。

隠したいところも、色々と付けすぎないのがコツ。ハイライトを入れると、頬がキュッとあがって若く見えます。

そうなんですね・・・。隠したいところは、何度も重ねて塗りたくなるので気をつけます。
シミやシワを上手に隠す技があれば知りたいです!

結城さん 色々とあまり付け過ぎないことですね。気になると塗っちゃうんですけどね、でもやらない方が結果的にはキレイなんです。クマを隠すためにコンシーラーを塗ったりすると、かえって逆効果だったりします。スターオブザカラーは、コンシーラーとしても使えるので余計なモノをたくさん付けない方がいいんですよ。でも、1色で仕上げるんじゃなくてハイライトは使ってほしいですね。顔全体に立体感が出るし、特殊なメイクじゃなければ女優さんにも必ず入れますよ。目の下に入れると、頬がキュッとあがって若く見えるので、ぜひ試してみてください!

インタビューバックナンバー
このページのトップへ