PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

安全ではない?優しいクレンジングの見極め方

クレンジングはとにかく種類が多い!

今やクレンジングは本当に多くの種類のカテゴリに分かれていますね。
オイル、ミルク、バーム、水、ジェル、リキッド、ふき取り系‥
自分にとって何がベストか分からないというのが本音ではないでしょうか?
また販売されている商品のほとんどは、実に豊かなデザインやワードでPRされているので、そうなると余計選べなくなりますよね。

そこで今回は本当に良いクレンジングとは何か。
すこし主観的な意見も入りますがポイントを少し書いてみます。

大事なのは商品が作られるもとになる「基材」

現在市販で販売されている商品は、すべて「基材」と呼ばれる、商品を形成する成分で出来ています。美容成分などの有効成分や色や香料の成分だけで商品形成はできません。商品全体の占める率でいうとほぼ100%が基材といっても過言でありません。
となると、良い商品とはいかに基材にこだわっているかということになりますね。ただし残念ながら基材をアピールするのは成分特性的にもマニアック過ぎて難し過ぎるため、過剰な洗浄力や無駄に美容成分をたくさん配合したりして、ユーザーにとって魅力的なワードでアピールする商品が多いのです。
残念ながら基材の品質は作ったメーカーしか分かりません。多くの美容成分を配合、とPRしているクレンジングは少し疑った目でチェックしたほうがよいかもしれません。

最大の目的は「汚れを落とすこと」を忘れずに

先程から書いているように最も大事なのは基材と呼ばれる成分です。特にクレンジングは美容液とは違い、あくまで「汚れを落とすもの」。
そしてスキンケアで最もこの行為が大事だと考えます。

そのためクレンジングで汚れを落とす以外の効果(エイジングや美白)ばかりうたっている商品は少し気になりますね。

少しこだわった無添加

クレンジングにも無添加という言葉が多く使われています。もちろん良い意味の言葉ですが、何かひとつ無添加に当てはまる項目があると、どの商品でも大きく無添加をうたう(うたえる)ので要注意。
スターオブザカラーのクレンジングバームも他の商品同様に無添加をうたっています。
そこでひとつ、他社にはあまりない(個人的にはそう思う)こだわりの無添加をご紹介します。
「キャリーオーバー成分」という言葉はご存知ですか?これは化粧品の原料を抽出や安定させるために使用する化学物質成分(アルコール、安定剤、酸化防止剤、防腐剤)のこと。美容成分として使われる植物エキスも多くはキャリーオーバー成分が付着しているので要チェックですね。またこの成分は表示義務がないためユーザーは購入した商品がキャリーオーバー成分不使用かどうかは分からないのです。
スターオブザカラークレンジングバームはキャリーオーバー成分不使用で作られているので特に敏感肌の方はより安心してお使いいただけると思います。

自分の肌質とライフスタイルで見極めましょう

最後に、冒頭でお伝えしたように今や無数のクレンジングが出回っています。
すべてのユーザーにベストなクレンジングは世の中に存在しません。
自分の肌質にはどの系統のクレンジングがベストなのか、自分のメイクはどういったカテゴリのクレンジングがマッチしているか色々と試してみましょう。

最後に、個人的な意見になりますが、クレンジングは「塩梅」がとても大事な要素だと思います。洗浄力に特化したり、ひたすら無添加を追求している商品は結果的に何か物足りない感覚に陥るのではと私は思います。
スターオブザカラークレンジングバームは「汚れを落とす」「保湿」だけにこだわり、良い塩梅で作られた優れた商品。ぜひ選ぶ候補のひとつに入れて頂けると嬉しいですね。