PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

【丸顔編】シャープな小顔に見せるコントロールメイク術

丸顔は幼く可愛らしい印象を与えますが、「顔が太って見える」「童顔に見えるのが悩み」とコンプレックスに感じている方も少なくありません。
そこで今回は、丸顔さんのお悩みを解消するメイク術をご紹介します。シャープな小顔に変身したい方、大人っぽい印象になりたい方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。

丸顔解消メイクのポイント1:ファンデーション

丸顔解消メイクは、実はファンデーションを塗るときから始まります。ファンデーションを顔全体に均一に塗ると、のっぺりとした大顔に見えてしまうもの。濃淡をつけて、立体感のある顔に見せましょう。

① 額の高い位置、目の下、あごの中央にリキッドファンデーションを乗せる
② 指の腹やスポンジで、顔の外側に向かってぼかす
※髪の生え際やフェイスラインは、指やスポンジに残ったファンデーションを薄く伸ばす程度にしましょう。

丸顔解消メイクのポイント2:シェーディング

シャープな小顔に見せたいときには、シェーディングが効果的です。シェーディングにもさまざまな種類がありますが、しっかりと引き締まった印象にしたいなら、肌に一体化するクリームシェードがおすすめです。エラだけでなく、頬骨の下や額の角部分にまで入れることで、シャープな小顔を演出できますよ。

① ブラウンのクリームシェードをスポンジに取り、手の甲で量を調整する
② エラ、頬骨の下、おでこの生え際(角部分)に影ができるように入れる
※ 顔の両サイドを狭めるように入れると効果的です。
③ スポンジで広げてなじませる
※ 自然な印象にするために、首側にもぼかしましょう。

丸顔解消メイクのポイント3:チーク

丸顔さんは幼く見えやすいのでチークはベージュやブラウンなど、ややダークな色味がおすすめです。膨張しがちなピンクを避けることで、引き締まった大人っぽい顔立ちになります。色味や華やかさが欲しい場合は、くすみがかったローズや落ち着いたテラコッタカラーが良いでしょう。

① ベージュもしくはブラウン系のチークをスポンジに取り、手の甲で量を調整する
② 頬骨の高い位置に沿って、斜めにふんわり入れる

丸顔解消メイクのポイント4:ハイライト

丸顔さんは、ハイライトを鼻筋やあごの中央などに入れることがポイント。顔の中央、縦のラインに光を入れることで、丸みを抑えたシャープな顔立ちに近づきます。

① ハイライトをスポンジに取り、手の甲で量を調整する
② 鼻筋、目の下(目頭・黒目の下・小鼻の横を結んだ三角ゾーン)、あごの中央に入れる

丸顔解消メイクのポイント5:眉メイク

眉をやや長めに描くと凛々しい印象になるうえに、顔の余白が減って小顔効果も期待できます。ほんの少し眉山を作ると大人っぽい顔立ちになり、幼く見えてしまうのを防ぐこともできますよ。
眉毛を描いた流れでノーズシャドウを足すのもおすすめです。ノーズシャドウを入れることで縦ラインが強調されて丸顔が目立ちにくく、より立体的に見えます。
① アイブロウペンシルで眉山をほんの少し高めに描く
② アイブロウパウダーをブラシに取り、眉頭、眉尻を書き足してやや長めに調整する
※眉頭は薄く、眉尻は濃くしてグラデーションにすると、自然な印象になります。
③ 眉頭の下から鼻の骨に沿うようにして、ノーズシャドウを入れる。

丸顔さんが気になりがちな輪郭のコントロールには、やはりシェーディングが欠かせません。フェイスラインにコンプレックスをお持ちなら、陰影が簡単に作れるクリームシェードを使ってみてはいかがでしょうか。


クリームシェード<レフィル>

クリームシェードは肌なじみがいいアイテムなので、とても自然な仕上がりに。
シェーディングが苦手な方でも満足してお使いいただけます。

ちょっとした変化でも、人の目には大きく変わって見えるものです。丸顔にお悩みの方はぜひ試してみてくださいね。