PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

日焼け肌に必要なケアとは? シミやシワを防ぐ5つの方法

紫外線はお肌の大敵と分かっていても、「お出かけ中にうっかり日焼けしてしまった……」なんてこともありますよね。日焼けダメージをシミやシワに直結させないためには、日焼け後のケアを徹底することが大切です。日焼けしてしまった肌にはどのようなアフターケアが必要なのか、気をつけたいポイントと一緒に見ていきましょう。

日焼けのメカニズム

紫外線を浴びると肌が黒くなるのは、メラノサイトという細胞が刺激され、茶褐色のメラニン色素が大量に作られるためです。そもそもメラニン色素は、紫外線などの刺激から肌の細胞を守る盾のような存在で、決して悪者ではありません。しかし、過剰に作られるとシミなどの色素沈着を招いてしまいます。透明感のある美しい肌をキープするためには、普段から紫外線対策を怠らないことが大切なのです。

とはいえ、紫外線は毎日降り注いでいますから、うっかり日焼けしてしまうケースも少なくないですよね。ダメージを負った肌をそのままにしていると、炎症が進んでシミやシワができやすくなるといわれています。日焼け後は落ち込まずに、一刻も早く正しいケアをおこないましょう。

日焼けした肌に必要なケア&注意点

まずは冷やす

日焼け直後の肌は、火傷を負ったときと同じ状態です。まずは肌を冷やして、ほてりや炎症を落ち着かせましょう。流水、冷たい濡れタオル、保冷剤などで冷やすと効果的です。ただし、冷やしすぎるとかえって刺激になってしまうので、ほてりが収まったら次のケアに進んでくださいね。

やさしく丁寧に保湿をする

日焼けした肌はバリア機能が低下し、水分が蒸発しやすくなっています。放っておくとシワまで招いてしまいますから、ほてりが落ち着いたら十分な保湿をおこないましょう。乾燥やダメージが気になる部分には、クリームなどを重ねづけしておくと安心です。
ただし、日焼け後の肌はとてもデリケート。肌をこすらず、やさしく丁寧に保湿しましょう。

日焼け直後のパックやマッサージは避ける

うっかり日焼けをすると、「いつもより入念にケアをしなきゃ!」と思ってしまいますよね。しかし、バリア機能が低下した肌には、過剰なケアが刺激になってしまいます。特にフェイスパックやマッサージは刺激が大きいので、日焼けした当日は避けたほうが安心です。普段から使っている慣れたスキンケアアイテムを使用し、基礎のケアを丁寧におこなうことを心がけましょう。

水分や栄養を補給する

肌のダメージを修復するためには、体の内側からのケアも欠かせません。まず必要なのは、水分です。レジャーや長時間のお出かけで失われた水分を、体内にしっかり補給しましょう。
そして食事では、ビタミンA、C、Eを摂るのがおすすめです。ビタミンCはメラニンの生成を抑制することで有名ですが、肌のターンオーバーを助けるビタミンAやビタミンEを一緒に摂ることで、さらなる相乗効果が期待できます。ビタミンAはレバーや緑黄色野菜などに、ビタミンCは野菜や果物に、ビタミンEはナッツ類やかぼちゃなどに多く含まれていますから、バランス良く取り入れましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠が不足すると、肌の回復を促す成長ホルモンが十分に分泌されなくなります。日焼けした当日はもちろんのこと、その後も生活リズムを整えて毎日十分な睡眠がとれるようにしましょう。

今回は、紫外線ダメージを受けた肌に適したケア方法をご紹介しました。うっかり日焼けしてしまったときは、肌の修復が必要になります。将来、シミやシワで後悔しないために、正しく効果的なアフターケアを心がけたいですね。