PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

【四角顔編】エラ張りを目立たなくする5つのメイクポイント

エラが張っていてベース型ともいわれる四角顔。顔の余白が大きいことや、エラ張りが目立つことで悩んでいる四角顔さんは少なくありません。エラを上手にカバーして小顔に見せるにはどのようなメイクが効果的なのか、パーツ別にくわしく見ていきましょう。


四角顔解消メイクのポイント1:ハイライト


四角顔さんは比較的エラが大きく、顔の横幅が長い傾向にあります。そんな横長の印象をカバーしてくれるのが、ハイライト。鼻筋、目の下、あごのハイライトを縦長に入れると、縦のラインが強調され、自然と横幅が目立たない印象になります。

① ハイライトをブラシに取り、手の甲で量を調整する
② 鼻筋、目の下(目頭・黒目の下・小鼻の横を結んだ三角ゾーン)、あごの中央に縦長のハイライトを入れる
※ブラシでラインをひいてから優しくぼかすと簡単です。


四角顔解消メイクのポイント2:シェーディング


エラ張りのカバーには、やはりシェーディングが欠かせません。エラの一番目立つところに影を入れていきましょう。

① ブラウンのクリームシェードをブラシに取り、手の甲で量を調整する
② エラ、おでこの生え際(角部分)に影ができるように入れる
③ スポンジで顔の外側に向け広げてなじませる


四角顔解消メイクのポイント3:チーク


四角顔さんは比較的頬の面積が大きいので、チークもやや広めに入れるとGOOD。頬骨に沿って斜めに入れると、自然と引き締まった印象になります。密着度の高いクリームチークを用いると、崩れにくいうえにツヤも出て一石二鳥です。
さらにチークの色は、ピンク系がおすすめ。女性らしく可愛らしい色を選ぶことで、顔にやさしさと丸みがプラスされます。

① ピンク系のクリームチークをスポンジに取る
② 頬骨の高い位置に沿って、斜めに丸く広めにぼかす
※一度に大量につけずに、少しずつポンポンとのせていくことがポイント!


四角顔解消メイクのポイント4:リップ


リップはチークと同系色のピンク系、さらに淡めの色がおすすめです。濃い色を用いるより唇の輪郭がぼやけるため、四角顔を和らげることができます。最後にグロスを唇の中央のみにのせると、ふっくら感が増して効果的です。

① ピンク系のリップを輪郭よりオーバー気味に塗る
② 輪郭を指でトントンとぼかしてなじませる
③ 唇の中央にシアータイプもしくは透明のグロスをのせる


四角顔解消メイクのポイント5:眉メイク


眉山が角張ったアイブロウや真横に長い並行眉は、四角顔さんにはあまり似合いません。女性らしさを強調するために、やさしいカーブをつけたふんわり眉を目指しましょう。ペンシルよりパウダータイプのアイブロウを使うと、輪郭が自然とぼやけたやさしい眉になりますよ。

① アイブロウパウダーをブラシに取る
② 眉毛の隙間を埋めながら、丸みのあるアーチ型眉を描く
※眉尻をやや下がり気味にすると、やさしい雰囲気を演出できます。

四角顔解消メイクは、横幅をカバーするとともに、やさしい色合いやカーブをプラスすることがポイントです。ピンクのクリームチークやリップを用いて、ふんわりと女性らしい小顔を手に入れてくださいね。