PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

マスクによる肌荒れは予防できる? 意外な原因と対策方法

お出かけ時にはマスクの着用が必須となりましたが、そのマスクが原因で肌荒れを起こす女性が増えてきています。その影響は大きく、今まで肌トラブルがほとんどなかった人でも「マスクを着けるようになってから肌が荒れ始めた」と悩むほど。そもそもなぜマスクで肌荒れを起こすのか、スキンケアやメイクによる対策方法と一緒に見ていきましょう。

マスクで肌荒れが起きる原因とは

摩擦

マスクで肌荒れを起こす原因の1つに、摩擦が挙げられます。マスクの繊維によって肌表面がこすられると、角質が傷つきバリア機能が低下します。その影響でちょっとした刺激にも敏感に反応し、かゆみ、赤み、ニキビなどが生じてしまうのです。

蒸れ

呼吸をするとマスク内が蒸れて、雑菌が繁殖しやすい状態になります。高温多湿になれば皮脂分泌も活発になるため、おのずとニキビができやすくなるでしょう。また、会話や咳などで飛んだ唾液が雑菌の温床となり、肌荒れを引き起こすこともあります。

乾燥

マスク内は蒸れているため、乾燥とは無縁のように思えますよね。しかし、マスクを外したときには、肌が一気に乾燥します。肌に付着した水分が蒸発するときに、肌のうるおいまで奪われてしまうのです。

マスク着用時の肌荒れ対策方法

朝晩のスキンケアを丁寧におこなう

肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下し、マスクによる摩擦ダメージを受けやすくなります。まずは朝晩のスキンケアをしっかりおこない、うるおった肌に整えておきましょう。化粧水と乳液に加えて保湿クリームも塗り、水分と油分のバランスを整えておくことがポイントです。

クリームファンデーションで肌を保護する

メイク時の乾燥や摩擦が気になる方には、ワセリンが配合されたクリームファンデーションを使うことをおすすめします。ワセリンが肌の水分を保ちながら表面を保護してくれるため、トラブルの予防につながります。メイクをしながら肌の保湿ケアをおこないましょう。

メイクの仕上げにフェイスパウダーを重ねる

メイクの仕上げにフェイスパウダーを重ねると、肌表面がサラサラになるうえに保護膜ができるため、マスクによる摩擦ダメージを軽減できます。また、余分な皮脂を吸着してくれるので、ニキビ予防にも効果的です。
厚塗りすると乾燥を招くため、こちらも薄く重ねる程度にしましょう。パフで軽くたたき込んだあと、パウダーブラシで余分な粉を払うと美しい仕上がりになります。

クレンジングバームでメイクを落とす

メイクをした日は必ずクレンジングが必要になりますが、洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使うと肌のバリア機能が低下し、マスクトラブルを起こしやすい肌になってしまいます。
肌のうるおいを保つために洗浄力が比較的おだやかで、やさしい洗い上がりのクレンジング剤を使うようにしましょう。W洗顔不要、添加物の少ないクレンジングバームなら、敏感肌の方にも安心です。

マスクによる肌荒れは予防できる!

マスクによる肌荒れは、丁寧なスキンケアや肌を保護するメイクで予防できます。清潔で肌触りのやさしいマスクを着用するとともに、以上のような対策方法で健やかな肌を守っていきましょう。