PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

ほうれい線を目立たなくするメイク方法

~STAR OF THE COLORのスタッフがお悩みリクエストに応えます~

スターオブザカラーで接客をし、お客様のお話を伺っていると
30代以降の方に多いのがほうれい線のお悩みです。

ほうれい線が目立ってしまうとどうしても老けて見えたり、疲れ顔に見えてしまいますよね。
最近はマスクを着用している時間が増えている分、
口回りの気が抜けてしまったように感じる方もいらっしゃるようです。

ほうれい線体操の記事(ご覧になりたい方はこちらへ)のように、トレーニングをして顔の筋肉を下がらないように
ケアすることがおすすめですが
今日はほうれい線を目立ちにくくするメイク方をご紹介します。

ベースメイクのポイント

 
ベースメイクは必ず薄く付け、しわ部分に溜まらせないことがポイント。
あまりマットすぎる質感では、乾燥で目立たせてしまう事もあるため
密着力の高く伸縮性のあるクリームファンデーションがおすすめです。
しわの気になる部分は片手でしわを斜め上に持ち上げるように肌を張らせた状態で塗ると
薄く均等に塗ることができますよ。
みずみずしいナチュラルな肌作りがポイントです。

〈マット肌〉

〈ツヤ肌〉

メイクを感じさせない美肌へ。べたつかないのに潤い長時間キープ

ハイライトで影を消す

ほうれい線で影のできる部分をクリームハイライトもしくはリキッドハイライトで明るくしていきます。
小鼻わきからほうれい線に沿ってラインを引き、馴染ませます。
たくさんのせすぎてしまうとよれてしまうので、必ず少量を薄く付けましょう
使用するファンデーションとテクスチャーの近いもの、そしてギラギラしないものを使用すると
肌馴染みよく、よりナチュラルに仕上がります。
ハイライトは下方向に馴染ませてしまうとお顔が下がって見えて逆効果になることもあるため、必ず顔の斜め上にぼかすことを意識して、頬をリフトアップさせ全体的に若々しく仕上げましょう。

〈ハイライトの入れ方〉



くすみ、シミ、シワ、毛穴、肌の欠点をまるでスポットライトの光のようにカバー

チークの入れ方、色のポイント

ほうれい線を目立たなくするためにはチークの入れる位置も重要です。
小鼻より下、影の部分にチークがかかると影を目立たせてしまうため
小鼻より上のゾーンに入れていきます。
ナチュラルな血色感の肌馴染み良い色を使い、黒目の内側から外側に向け楕円形に
なるようにチークを入れましょう。
頬が全体的にこけて見えてしまう方は柔らかい色を少し中央より、丸く入れるのもおすすめです。


内面からあふれ出る血色感。自然に溶け込み、ツヤ肌に。

目元にポイントを

お顔全体の印象を目元に持ってくるのも効果てきめんです。
ただ単純に黒々とアイメイクを濃くするわけではなく、
アイラインやマスカラにカラーを取り入れたり、
ツヤ感のあるクリームアイシャドウや、ポイントでラメを加えることで
質感で印象的な目元を作ることもできます。
カラーライナーを
目尻だけポイントで入れたりするのも簡単で可愛いですよ。

リップの色選び

マスク生活でなかなか塗る機会が減っている方もいるかもしれませんが、
リップの色、質感もかなりほうれい線の印象に左右してきます。

このような仕事をしているのにお恥ずかしい話ですが、
育休中慣れない育児に追われ、自分の美容ケアをほったらかしにしている時期がありました。
当時ブラウンリップが流行りはじめた時期で、おしゃれな友人が使っていたブラウンリップを真似して塗ってみたところ
鏡に映る自分の顔に愕然、一番に目に飛び込んできたのはほうれい線!!!
こんなに私はひどい顔だったのかとショックを受けました。
ぼやっとした顔に急に口元にポイントを持ってくると、ほうれい線も目立って当然ですよね。

実際にほうれい線を目立たなくする色は、ブラウンやビビットな赤ではなく、
血色感のある肌馴染みのいい色です。
質感もマットすぎず自然な潤いを感じられるものが良いのではないでしょうか?

〈口紅NG〉

〈口紅OK〉

ほうれい線も気になるけど、鮮やかな色やダークなリップを楽しみたいという方は、
ナチュラルだけど丁寧な肌作り、アクセサリー、ファッションなどのトータルでバランスを作ると口元が悪目立ちすることを避けられるはずです。

表情も大事

ほうれい線を目立ちにくくするメイク法をご紹介しましたが、
結局のところ、一番大事なのは表情です!
への字口になってしまうとせっかくのメイクも台無しです。
たとえマスクで隠れていても、口角を意識してなるべくスマイル!
ほうれい線も、笑いしわというチャームポイントにしてしまいましょう♪