PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

春は「ゆらぎ肌」になりやすい! 知っておくべき原因と対策ケア方法

季節の変わり目は肌のコンディションが不安定になり、肌荒れなどのトラブルの要因となる「ゆらぎ肌」になりやすくなります。とくに春は、1年のうちでもっともゆらぎ肌になるリスクが高いといわれる季節。健やかな肌を保つためにはどのようなケアが必要なのか、ゆらぎ肌を引き起こす原因とともに見ていきましょう。


春はゆらぎ肌になりやすい……その原因とは?

環境の変化によって肌のバリア機能が低下

春は空気の乾燥や気温の寒暖差など、肌への負担が多いシーズンです。とくに春先の乾燥には要注意。空気の乾燥によって肌のうるおいが奪われると水分量が低下し、バリア機能が乱れやすくなります。肌本来の保護力が弱まることで外部刺激を受けやすくなり、トラブルの多いゆらぎ肌になってしまうのです。

花粉や紫外線などの外部刺激によるダメージ増加

春は花粉が多く飛散するうえに、紫外線量も一気に増加します。バリア機能が低下したゆらぎ肌にこれらの外部刺激が降り注げば、ヒリヒリ感や赤み、湿疹など、さらに多くのトラブルを引き起こすことになるでしょう。かゆみに負けてかきむしってしまった場合、さらに症状が悪化してしまうこともあります。


春に取り入れたい、ゆらぎ肌の対策ケア

良質な睡眠をとる

環境の変化による自律神経の乱れも春のゆらぎ肌の原因です。知らず知らずのうちに蓄積している疲労やストレスが肌トラブルを招いていることもあるので、良質な睡眠をとって心身の疲れを取りましょう。寝る前の1時間前からスマホを使用しないようにする、リラックスできるアロマを取り入れるなどの工夫がおすすめです。

洗顔後はすぐに保湿ケアを

洗顔やクレンジング後の肌は、とても無防備な状態です。
そのまま放置していると肌の水分が蒸発し、ゆらぎ肌がさらに悪化してしまうこともあるため、時間をおかずにすばやく保湿ケアをおこないましょう。
スキンケア時の摩擦も肌にダメージを与えることがあるため、化粧品はハンドプレスでやさしくなじませることがポイントです。

低刺激なクレンジングを使用する

洗浄力が強いクレンジング剤は、肌に刺激を与えるおそれがあります。春の肌はバリア機能が低下して敏感になっているので、敏感肌のために開発された低刺激なクレンジングアイテムを使うのがおすすめです。
お勧めはクレンジングバーム。他の低刺激アイテムに比べて洗浄力が高く肌にのせた瞬間、体温でとろけて柔らかくなるため、メイクもやさしくなじませることができます。W洗顔不要タイプを選べば、洗顔による摩擦や乾燥ダメージも軽減できます。

敏感肌用に作られたクレンジングバーム

保湿力・日焼け止め効果のあるメイクアイテムを使う

肌の調子が不安定な時は、肌も休ませたいですよね。
でも素肌のままでは日中の乾燥や紫外線でダメージを受けてしまうことも。
保湿効果や日焼け止め効果が備わっているベースメイクアイテムを選びましょう。
また、ベースメイクを肌に伸ばす際や、目元など皮膚の薄い部分のメイクする時も
肌に摩擦をおこさないよう優しいタッチでメイクするように気を付けましょう。

主成分の白色ワセリンが花粉や外気から肌を保護。
STAR OF THE COLORクリームファンデーションSPF25~28 PA+++ 

フェイスパウダーで花粉対策

高保湿なメイクアイテムを使うことはとても大切ですが、肌の表面がベタついていると、花粉が付着しやすくなりトラブルが起こる可能性が高まります。ベースメイクの仕上げにはフェイスパウダーを重ねて、肌の表面をサラサラに整えておきましょう。パウダーを重ねると、マスクへのメイク付着も防げるので、今の時期にはダブルでメリットがあります。


毛穴をフラットにみせながらマスク崩れしない美肌をキープ


スキンケアとメイクを見直して春の肌を守ろう

ゆらぎ肌を防ぐためには、肌の乾燥を防ぐとともに、やさしく保護することが大切です。クレンジング剤やメイクアイテムを見直して、肌ストレスの多い春も健やかな状態を保っていきたいですね。

※当記事につきましては薬事のガイドラインに沿って作成しています