PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

失敗しない!大人のカラーメイク フェミニンピンク/こなれオレンジ

季節が変わるとお洋服と同じように、メイクにも変化をつけたいと思う事はありませんか?
各化粧品メーカーから、ピンクやオレンジ、グリーンなどカラフルなカラーアイテムがどんどん発売されますよね!

でも、カラーメイクは『派手になりそう』、『若い人にしか似合わない』、『やり方がわからない』
などの理由から、ついつい無難なブラウンでメイクをしてしまうと言う方も多いのではないのでしょうか?
実はそんな大人の人にこそ、カラーメイクを取り入れて欲しいのです! 
今回は、簡単で失敗しない大人のカラーメイクをご紹介いたします。


★フェミニンピンクメイク アイメイク編★

ピンク系のアイシャドウのお悩みは、『目が腫れて見えてしまう』『可愛くなりすぎないか』
といったお声をよく耳にしますが、そこには簡単な解決方法がございます。
ピンクといっても、さまざまなトーンや質感があり、ここで重要なのは
実は多くの肌色になじむ 『くすみピンク』や『ローズ系ピンク』を選ぶことです。
少し暗めのピンクをイメージしてみてください。

落ち着いて見えるトーンのピンクを選ぶことで、目が膨張して小さく見えたり
腫れたように見えるお悩みを解消できます。
さらに、ブラウンカラーでメイクするよりも目のクスミを飛ばし、自然に明るく見せることができるので、若々しく見せる効果も期待できますよ♪

また、大人の雰囲気を大事にされたい方は、キラキラしたラメ感の強いものや
くすんで見えやすいマットなものより、つや感が出る小さなパールタイプのアイシャドウを選ぶのがおすすめです。


マスカラを塗る際は、まつげを上げすぎず自然なカールに仕上げ、ブラウンやモーブ系のマスカラをつけてみましょう。
ピンク系アイシャドウのフェミニンさを生かしつつ上品に目力をアップする事ができます。
アイライナーを引きたい時は、こちらもブラウンなどの優しい色を選び、インラインだけや目尻だけなど濃くならないように仕上げましょう。
アイライナーの代わりにアイシャドウの濃いピンクなどで際の部分を仕上げるのもバランスが取れて素敵ですよ。

ここまではアイメイクですが、メイクを完成させるにはトータルバランスが非常に大事になってきます。
せっかくアイメイクに大人な雰囲気を演出できても、リップやチークの入れ方によっては全く違うイメージになってします。
作り出したいイメージにそって、リップやチークのカラーや質感、入れ方を選んでいきましょう。


★フェミニンピンクメイク リップ&チーク編★

今回はお大人メイクに重きを置いて、チークやリップもくすみピンクやローズカラーでそろえることで
統一感を演出します。

入れ方にもワンポイント。
チークはほんのり血色をよく見せる程度に、少量をふんわり横長にいれましょう。
つや感が出る、クリームタイプなどもおすすめです。
リップに関しては、気持ち下唇をオーバーに塗ることで、大人な雰囲気にまとまりをつけましょう。
やりすぎるとセクシーに見えてしまうので、いつもよりほんの少し深めに塗る程度に留めましょう。

落ち着いた色選びさえできれば、誰でも簡単にピンクメイクに挑戦できますよ。


★夏にぴったり、こなれオレンジメイク アイメイク編★

続いては、夏にもピッタリなオレンジカラーを使った大人メイクをご紹介します。
最近はブラウンメイクに並んで、日常使いをしやすいイメージも浸透しているオレンジカラーアイテム。
しかし、『活発的になりすぎない?』『ヘルシーメイクな人向け』
『老けて見える』『肌が暗く見える』といった
取り入れてみたいけど、気になる点もあると言うお声をよく聞きます。

そんな時に、ぜひ意識してほしい簡単なオレンジメイクポイントをお伝えします。
トーンダウンして見せやすいオレンジ系のアイシャドウをおしゃれに使うポイントは
ゴールドやシャンパンベージュなどのアイシャドウと併用して使うことです。
明るいゴールドカラーでくすみを飛ばした上でオレンジカラーを重ねることで、くすまずバランスのいいアイメイクに仕上がります。
もしくは、オレンジカラーのアイシャドウをアイホールにつけてから、黒目の上、瞼の中心にゴールド系のラメなどをつけても、明るく見せることができますよ♪
さらに、下瞼や目頭にもゴールドや明るいベージュなどのアイシャドウを仕込むことで白目を明るく見せ、目を輝かせて見せることができます。

普段ブラウンアイシャドウなどでぱっちりメイクをされる方には、オレンジカラーに色味を置き換えるだけで簡単にトレンドの自然な抜け感を演出することができますよ。

目力をアップされたい方は、上瞼の黒目の上や内側のインラインにしっかりペンシルアイライナーでラインを入れることで、膨張した目元を引き締め、オレンジカラーもしっかり生かした状態で目力をアップする事ができます。
リキッドアイライナーではなく、ペンシルアイライナーを使うことで柔らかさを出すことができますしインラインも埋めやすいです。
さらに抜け感を出しおしゃれメイクに仕上げたい場合は、コッパー系のマスカラなどをつかってみましょう。


★こなれオレンジメイク リップ&チーク編★

オレンジのチークカラーは簡単にヘルシーに見せることができますが、入れすぎると老けてみえたり、トーンダウンしてみえてしまいます。
ポイントは、高い位置の内側に狭い範囲でいれることです。
チークのカラーが濃いものは、日焼け感を演出できますが、大人メイクをイメージするなら明るめトーンのオレンジや、少し赤みも入ったコーラルオレンジを使用するとよいでしょう。

リップに関しては、オレンジカラーを上下ともに少しオーバーにつけるとヘルシーな雰囲気でも大人メイクのバランスがとれます。リップピークにハイライトを仕込むのも唇をふっくら見せることができるのでおすすめです。
ベージュやブラウンのリップをチョイスすると、簡単に大人な雰囲気を演出できるので、まずはブラウンリップを使うのがいいですね。

オレンジメイクの大事なポイントとして、一番抑えてほしい事は、くすみを飛ばすことです!
アイシャドウ編でもお伝えしたように、くすみを消すことで、オレンジの良さをさらに引き出せます。
これはベース作りにもおいても重要なポイントで、可愛いアイメイクやチークやリップをよりおしゃれに見せるために、ベースを作る際はしっかりハイライトをいれていきましょう。

特に目の下の三角ゾーンやCゾーンにしっかりハイライトを仕込むことで、全体が暗くなりやすいオレンジメイクを、くすまずおしゃれでさわやかに見せることができます。
クリームタイプなどの、つや感がでるハイライトを使用するとお肌を若々しくみせることができるので、老けて見えやすいというお悩みも解消し安心してオレンジを使用することができます。

いかがですか?少しのポイントを抑えるだけで、誰でも簡単に大人カラーメイクに挑戦することができます。

今回は、簡単に取り入れられるポイントをご紹介しましたが、カラー選びや入れる場所、入れ方などをほんの少し変えるだけで、イメージをガラッと変えることもできます。

まずは、普段メイクにカラーアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スターオブザカラー表参道店では、上記の様なシーンやイメージに合わせたマンツーマンのメイクレッスンも行っております。
マンネリになりがちな普段メイクを、この機会にアップデートしてみませんか?
まずは簡単なお問い合わせからでも、お気軽にお問合せください。

Hair and make up artist KATSUYAMA

スターオブザカラー

Hair and make up artist KATSUYAMA ERIKA
テレビやCM、ライブなどのヘアメイク現場のアシスタントを経て独立
ブライダルヘアメイク・音楽番組・ファッション・WEB動画広告など
一般の方から、アイドル・タレント・モデルまで、数多くの方のヘアメイクを担当。
流行を取り入れた、女子ウケの良いヘアメイクに定評あり。
スターオブザカラーのメイクアップアーティストとして、ナチュラルで美しいツヤ肌づくりに特化。
他にも、カジュアルヘアメイクから華やかパーティーヘアメイクまで幅広い分野に対応可能。

現在1児の母、第2子妊娠中でヘアメイク活動中。
忙しい育児や仕事の中でも、簡単に日常に取り入れられるママさん向けヘアメイクも実体験を経てラインナップに追加!
時短で簡単におしゃれに見せるヘアメイクならお気軽にお任せください♪