PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

うっかり日焼け後のケア方法は? シミ・くすみを防ぐお手入れ術

お出かけ中のうっかり日焼け、誰しも一度は経験していますよね。つい落ち込んでしまいがちですが、大切なのは後悔より日焼け後の処置。紫外線ダメージを蓄積させないために、効果的なアフターケアと負担の少ないメイク方法をチェックしてみましょう。


うっかり日焼けのケア方法は?

日焼け=軽いやけどと同じダメージ

日焼けの度合いにもよりますが、肌が赤くなったりヒリヒリと刺激を感じたりする場合は、軽いやけどと同じくらいの炎症を起こしています。また、肌の水分が蒸発して脱水を起こしている可能性も。乾燥によるダメージにも注意が必要です。

炎症を抑えるためにすばやいケアが必要

やけどを負ったときは、すばやく水や氷で冷やしますよね。それと同じくらい、日焼けした肌にもすばやいケアが必要です。炎症を放っておくとメラニンの生成が進んでシミができやすくなりますから、一刻も早いアフターケアを心がけましょう。

たとえ症状がなくてもアフターケアは必須

たとえ赤みやほてりなどの症状が見られなくても、長時間のお出かけで紫外線を浴びたときは少なからずダメージを受けています。「これくらいなら大丈夫かな?」と油断せず、肌をいたわるアフターケアを取り入れましょう。


日焼け後に心がけたいスキンケア方法

まずは冷やす

肌に赤みやほてりがあるときは、まず冷やしましょう。クールダウンさせることで炎症を鎮め、症状の悪化を食い止めます。冷やすアイテムは、流水、保冷剤、氷、氷嚢、濡れタオルなど、今すぐ手に入るものでOKです。
ただし、冷やしているときに刺激を与えてしまっては意味がありません。流水を使うときは水圧を弱めにし、冷たすぎる保冷剤や氷は濡れたガーゼかタオルでくるんで使ってくださいね。

丁寧に保湿をする

肌の赤みや熱が引いてきたら、炎症によって蒸発した水分を補うために保湿ケアをおこないましょう。使用するアイテムは、いつもの化粧品で構いません。
コットンを使うと肌に刺激を与える恐れがあるので、手のひらでやさしく丁寧に与えることをおすすめします。いつもの化粧品がしみてしまう場合は、オールインワンジェルやワセリンなど、刺激が少ないものを一時的に使いましょう。

スペシャルケアは避ける

うっかり日焼けをすると「急いでパックなどの特別なケアをしなきゃ!」と焦ってしまいますよね。しかし、赤みやほてりが発生するほどダメージを受けた肌は、バリア機能が低下してとても敏感な状態になっています。
パックなどのスペシャルケアをおこなうとかえって刺激となり、ダメージを与えてしまうことも。日焼け後の数日間は必要以上に触らず、クールダウン+保湿といった最低限のケアだけにしましょう。

落ち着いたらシミ予防アイテムを使う

肌の状態が十分に落ち着いてきたら、シミやそばかすを防ぐ美白化粧品を取り入れると効果的です。保湿を十分におこなったうえで、美容液やパックなど、取り入れやすいアイテムを使ってみてくださいね。


体の内側から日焼け肌をケアする方法

酸化を防ぐ栄養素をとる

日焼けによるダメージを軽減するためには、体の内側からのケアも必要です。紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生して酸化が進み、老化の原因になるといわれています。
そんな酸化の予防には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リコピンの補給がおすすめです。これらには抗酸化作用があるとともに、肌のターンオーバーにも深く関わっています。一緒にとると相乗効果も期待できますから、以下のようなものを組み合わせて食べましょう。

・ビタミンA
皮膚や粘膜を健康に保つ栄養素。
乾燥肌を改善したり、免疫力を高めたりする効果も。
【多く含まれる食品】レバー、うなぎ、卵黄、にんじん、モロヘイヤなど

・ビタミンC
コラーゲンの合成に必要な栄養素。
メラニンの生成を抑えるため、シミやそばかす予防にも効果的。
【多く含まれる食品】パプリカ、芽キャベツ、ブロッコリー、イモ類、柑橘類、いちごなど

・ビタミンE
若返りのビタミンともいわれる栄養素。
血行を促進し、肌の代謝やホルモンバランスを整える作用も。
【多く含まれる食品】うなぎ、卵、アボカド、かぼちゃ、アーモンドなど

・リコピン
カロテノイドの一種で、強い抗酸化力を持つ。
メラニンの生成を抑えるため、日焼け前後に摂ると効果的。
【多く含まれる食品】トマト(ミニトマトやトマトジュースも◎)、スイカ、柿など

サプリメントも併用して

バランスのいい食事を心がけていても、ビタミン類を理想的に補うのは難しいもの。また、夏場は食欲の低下などで十分な食事がとれないときも多くなります。栄養の偏りが心配な場合はマルチビタミンなどのサプリメントを併用して、肌の回復力を助けましょう。


日焼け後の肌に負担をかけにくいメイク方法は?

日焼け後の肌はいつも以上に敏感なため、できるだけメイクを避けたほうが安心です。しかし、仕事などの都合でメイクをしなきゃいけないときもありますよね。ここからはそんなケースに役立つ、肌に負担をかけにくいメイク方法をご紹介します。

メイク前の保湿を丁寧に

日焼け後の肌は乾燥しやすくなっていますから、メイク前にも丁寧な保湿をおこないましょう。決してこすらず、肌を包み込むように化粧品をなじませることがポイントです。

肌にやさしいメイクアイテムを使う

肌がデリケートなときはメイクアイテムにも気をつけたいもの。石油系界面活性剤、パラベン、合成香料、紫外線吸収剤は肌に刺激を与えることがあるので、できるだけ不使用のアイテムを使いましょう。

重ね塗りは最小限に

化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、パウダーなど、ベースメイクにはさまざまなアイテムを使いますよね。しかし、いくつも重ねるとそのたび摩擦による刺激が加わり、日焼け後の肌には負担になってしまうことがあります。刺激を抑えたいときは化粧下地のみ、パウダーファンデーションのみなど、重ね塗りを避けた単品メイクがおすすめです。

紫外線対策を忘れずに

日焼けによってバリア機能が低下した肌に紫外線を浴びると、さらに症状が悪化し、シミもできやすくなってしまいます。必ず日焼け止め、もしくはUVカット効果のあるメイクアイテムを使い、デリケートな肌を守ってくださいね。
日焼け止めやメイクアイテムは汗や皮脂、摩擦の影響で落ちていきますから、2~3時間おきに塗り直すことも大切です。塗り直しが負担になるときはティッシュで軽く汗や皮脂を押さえてから、UVカット効果のあるパウダーを重ねるといいでしょう。


日焼け後はケアが肝心! メイクも工夫して美しい肌を守ろう

どんなに気をつけていても、ちょっとした隙にうっかり日に焼けてしまうことはあるものです。そんなときは慌てず、迅速丁寧なアフターケアを心がけましょう。

トーンアップもUVカットも叶う「シルキースムースUVカットクリーム」は肌にやさしく日焼け対策ができます。重ね塗りをしなくても、これ1本で美肌メイクが完成。素肌感のある均一な肌が実現できます。
美しく透明感のある肌を保つために、日焼け後のケアとメイクの両方を見直してみてくださいね。