PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

意外と知らない! ワセリンの保湿・保護パワー&さまざまな使い方

ワセリンをスキンケアに取り入れている女性は多いものの、原材料や種類までは意外と知られていませんよね。そこで今回は、ワセリンが何から作られているのか、美容に役立つ使い方とあわせてご紹介します。私たちに身近なワセリンの基礎知識を、さまざまな使い道と一緒にチェックしてみましょう。


ワセリンとは? 意外と知らない基礎知識

ワセリンの特徴・原材料

ワセリンは、石油から得た炭化水素類の混合物を精製した保湿剤です。石油から作られていると聞くと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、石油はもともと自然に存在する天然成分であり、ワセリンは高純度に精製されています。不純物はほとんど取り除かれているため、赤ちゃんや大人まで幅広い方のスキンケアに使用できます。

ワセリンの種類

ワセリンは、純度の違いによって「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」に分類されます。ここではそれぞれの純度や特徴を見ていきましょう。

・黄色ワセリン
4種の中でもっとも純度が低く、不純物の含有量が比較的多いワセリンです。黄色っぽい色をしていて、安価で手に入ります。精製度が低いからといって危険なわけではなく、肌に合えば問題ありません。しかし、刺激に弱い敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方、赤ちゃんなどへの使用には注意が必要です。

・白色ワセリン
黄色ワセリンより純度が高く、医薬品にも用いられます。その名の通り白色で、黄色ワセリンよりやや値段が高くなります。敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方、赤ちゃんには、白色ワセリン以上の純度のものがおすすめです。

・プロペト
白色ワセリンをさらに精製したものです。目の周りなど、よりデリケートな部位への使用に適しています。

・サンホワイト
プロペトよりさらに純度を高めたものです。もっとも刺激性が低いため、プロペトでも刺激を感じてしまう方に適しています。医療用にも使われますが、保険適用外のため高価になります。


ワセリンをスキンケアに取り入れたときのメリット

肌の水分の蒸発を防ぐ

ワセリンを皮膚表面に塗るとパラフィンの膜ができ、角質層の水分蒸発を予防できます。肌の乾燥を防いでうるおいを長時間キープできることが、最大のメリットといえるでしょう。
ただし、ワセリンは油そのもので肌に水分を与えることはできません。単独で使用するときは、事前に化粧水などで水分を与えてからワセリンを重ねることがポイントです。

肌に刺激を与えにくい

ワセリンは非常に安定していて変質しにくく、アレルギーも起こしにくい保湿剤です。精製度が高いものは眼球に塗っても影響がないといわれるほど。安全性が高いため、広範囲への使用、また長期使用においても安心です。

外部刺激から肌を守る

ワセリンを肌に塗ると油膜ができるため、摩擦などの外部刺激から肌を守ることができます。刺激を感じやすい部位にあらかじめ塗っておくと効果的です。


美容に役立つ! ワセリンのさまざまな使い方

肌の保湿

ワセリンは顔だけでなく全身の肌の保湿に使用できます。お伝えしたように水分を与える力はありませんから、水分を補ったあとの肌に使用しましょう。

おすすめのタイミングは洗顔後や入浴後です。角質層に水分が残っているタイミングで使用することで、乾燥をしっかり防ぐことができます。角質が硬くなりがちなひざ、ひじ、かかとなどのケアにもおすすめです。顔の場合は、化粧水や美容液などを用いたスキンケアの仕上げに使うといいでしょう。

ただし、ワセリンはオイル製剤のため、皮脂の分泌が活発な部位に使用するとニキビを招くことがあります。ニキビができやすい部位には直接的な使用を避けたほうが安心です。

クレンジング

保湿のイメージが強いワセリンですが、実はメイクのクレンジングができるってご存じでしたか? クレンジングオイルのように、メイクを浮かせて落とすことができるのです。

使用する際はワセリンを手のひらでよく温め、柔らかくしてからメイクになじませましょう。メイクが浮いてきたらティッシュやコットンなどでやさしく拭き取り、洗顔をしたらクレンジング完了です。しっとりした洗い上がりのため、肌の乾燥が気になる方におすすめです。

唇の保湿

敏感な唇の保湿にも、ワセリンが適しています。唇の体温で少し温めてから、縦じわに沿ってやさしく塗り広げましょう。また、口紅を塗る前に使用すれば乾燥や荒れの防止に、口紅を塗ったあとに使用すれば色落ちの防止になりますよ。

リップスクラブ

唇のゴワつきが気になるときは、ワセリンを使ったリップスクラブを試してみましょう。スクラブの作り方は、ワセリンと砂糖を1:1の割合で混ぜるだけ。家にあるもので簡単に作れるから嬉しいですよね。

スクラブは唇に乗せ、指でやさしくマッサージをしてから濡れたコットンなどで拭き取ります。硬くなった角質が柔らかくなりますから、ふっくらと艷やかな唇を取り戻したいときにおすすめです。

ヘアケア

意外と知られていませんが、ワセリンはヘアケアにも使用できます。タオルドライ後の髪に塗布しておけば、ドライヤーの熱から髪を守ることができるのです。

根元に付けるとベタつきの原因になりますから、毛先を中心に揉み込みましょう。パサつきを防いでまとまりが良くなりますよ。

花粉対策

花粉が気になるシーズンにもワセリンが役立ちます。鼻の入り口や目の周りにワセリンを塗っておくと花粉をキャッチし、鼻や目の粘膜を保護することができるのです。

鼻の症状がひどい場合は、綿棒を使って鼻の中に塗っても効果的です。鼻の中や目の周りの皮膚は敏感ですから、精製度の高いプロペトやサンホワイトを使いましょう。マスクと併用し、こまめに拭き取りと塗り直しをおこなってくださいね。

練り香水

お好みのエッセンシャルオイルや香水をワセリンに数滴混ぜれば、練り香水が出来上がります。皮膚に密着してくれるので、お好きな香りを長時間楽しめますよ。

同時に保湿ができるため、ハンドクリームやボディクリームとしても活躍します。精油や香水を入れすぎると香りや刺激性が強くなってしまうので、数滴ずつ加減を見ながら調節してくださいね。

服との摩擦や靴擦れの予防

ワセリンには摩擦から肌を守る効果があるため、服との摩擦や靴擦れの予防に役立ちます。とくに効果的だといわれているのが、長距離のランニングです。ウェアや靴がこすれる部位にあらかじめワセリンを塗っておくことで、刺激を和らげることができます。


ワセリン配合のファンデーションもおすすめ

今回はワセリンの原材料や種類、さまざまな使い方をご紹介しました。肌にやさしく、保護効果の強い保湿剤ですから、ワセリンが配合されたベースメイクアイテムもおすすめです。STAR OF THE COLORのクリームファンデーションは高精製ワセリンが主成分ですから、肌のうるおいを長時間キープできます。美しい仕上がりを求める方はもちろん、メイク中の乾燥や肌トラブルが気になる方もぜひ試してみてくださいね。