PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

エイジングケアとは?お手入れ方法をマスターしてエイジングケアの達人になろう!

30代を過ぎた頃から気づきはじめる、シミやシワ、たるみなどの肌トラブル。
最初はショックを受けますが、正しいお手入れをすることで、エイジングは遅らせることが可能です。
そこで、効果的なエイジングケアについて、まとめてみました。


いつからエイジングサインがでるの?

人は、年齢を重ねるにつれて体力とともに肌の機能も衰えてきます。
だいたい、28歳前後をピークに肌代謝が落ち始め、ハリの元となるコラーゲンの産生量や、保湿機能を司るヒアルロン酸の分泌が減少。

20代後半から30代に入ると、肌のシミや目尻の小じわが目立ってきた、ふっくら感がなくなった気がする…、などの変化を感じることが多くなります。

そして、35歳を過ぎたころから明らかに黒くなったシミ、くっきりとしたほうれい線、肌のたるみなどが気になるように。
ファンデーションのノリが悪くなったり、化粧崩れしやすくなることもあります。


エイジングケアってどんなことをするの?

エイジングケアとは、加齢(エイジング)に応じたお手入れ(ケア)することを指します。
エイジングの原因と言われる紫外線や乾燥を予防すると同時に、エイジングケアに効果的な成分を配合した化粧品を使用したり、サプリメントを摂り入れるのが一般的な方法。

また、バランスのいい食生活や質の良い睡眠を摂るなど、生活習慣も併せて全般的に見直すことも大切です。


エイジングケアは何歳からスタートしたらいいの?

エイジングケアを始めるのによいタイミングについてお伝えしていきます。
化粧ノリが悪くなってきた、毛穴が縦に広がってきた、口角が下がってきた、シミがうっすらと出てきた、ほうれい線が気になり始めたなど、以前は気にならなかった肌の変化を感じるようになったときがエイジングケアの始めどきです。

<エイジングケアのスタートが早すぎる/遅すぎるとどうなるの?> エイジングのサインは人それぞれで、バランスの悪い食生活や睡眠不足などが続いている人は、20代前半でエイジングサインが出る場合も。 気になったら、生活改善とともにケアが必要です。 スキンケアの場合、お手入れを始めるのが早くても問題ありません。 逆に遅すぎる場合はトラブルが進んでいるので、若い頃に比べると化粧品の効果が出にくい場合も。 出来るだけ、エイジングのサインを感じたら、早めにお手入れをしましょう。


エイジングケアに使うアイテムは?

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、クリームなど、基本的なスキンケアを丁寧に行うとともに、アイテムをエイジングケア専用のものに切り替えましょう。
たるみ、シミ、毛穴など、気になる肌トラブルに焦点を当てたアイテムを使用することが悩み解決への近道です。

保湿

若々しい美肌を保つための要となるのが保湿。
健康な角層は約20〜30%の水分を含んでいます。
肌内部の水分は、セラミドなどの保湿物質などによって維持されていますが、加齢などでセラミドを作り出す力が弱まると角層の水分が蒸発。

肌のバリア機能が失われ、乾燥するほか、刺激を受けやすくなったりシワの元となったり、様々な肌トラブルを引き起こします。
そこで、重要なのが、スキンケアでの保湿。

化粧水で水分を肌に入れたら、最後に乳液やクリームなどの油分でフタをすることが重要です。

エイジングケアに良いとされる成分

乾燥対策には、肌の水分をキープして潤いを保持する役割があるセラミドやヒラルロン酸、コラーゲンが配合されたもの。
美白には、メラニン還元効果のあるビタミンC誘導体や、メラニン生成を抑制するコウジ酸、シワをケアするレチノールや、抗酸化作用の高いアスタキサンチンなどがよく使われます。


お肌に合ったアイテムの使い方

エイジングケア化粧品は、高い保湿成分を配合したものが多く、それに加えてお悩み別で選べるようになっているものがほとんどです。
シミやくすみの悩みなら美白、たるみや法令線の悩みならハリを高めるもの、たるみ毛穴の悩みなら、大人の毛穴ケアに焦点を当てたものを選びましょう。

ケアするタイミング

エイジングケアアイテムは、他のスキンケアと同様に朝晩の2回使いましょう。
朝はベタつくから乳液やクリームを避ける、という人もいますがそれはNG。
日中は、とくに外気や空調、紫外線、大気汚染などの過酷な環境に肌がさらされていてダメージを受けやすくなっています。

朝も夜と同様にしっかりスキンケアでお手入れをしましょう。
また、シミやシワを予防するには365日紫外線対策をすることが重要です。


若い頃のお手入れの仕方と同じで大丈夫?

10代や20代前半のうちは皮脂分泌が盛んなため、化粧水や美容液で終わらせても問題なかった人でも年齢とともに油分は低下。
乾燥は様々な老化の要因となるので、水分、油分の両方をチャージすることが必要です。
また、スキンケアの中でも保湿と同様に重要なのがクレンジング。

メイクが落とせていないと色素沈着がおきてくすみにつながるほか、毛穴が詰まってターンオーバーが遅くなり肌老化を早める原因に。
どんなに疲れていても、その日のうちにしっかりとクレンジングをしましょう。

エイジングケアを意識したお手入れの流れとコツについて

クレンジング、洗顔をして肌を素の状態に戻したら、化粧水をなじませます。
乾燥している場合はそのままコットンに化粧水を浸し、コットンパックをしてもよいでしょう。

次にエイジングケア用美容液を重ね、顔全体にしっかりとなじませます。
美白スポット美容液なども、この段階で気になる部分に重ねます。
さらに、乳液やクリームを塗り、マッサージするようになじませます。
マッサージで血流を促すことで成分の浸透もアップ。
筋肉への刺激にもなるため、肌のハリ対策にも効果的です。

また、口元や目元など乾燥が気になる部分は重ね塗りを。
朝は、乳液やクリームで保湿したあと日焼け止めを塗ります。
どのアイテムも量が足りないとその製品の効果を発揮しにくくなるので、規定量をしっかり塗布することもポイントです。


悩み別のケアのコツについて

毛穴が黒ずんで見えたり、白い角栓が詰まっている場合は週に1回ゴマージュやスクラブケアを取り入れましょう。
その他に、古い角質を除去する作用のある酵素入り洗顔やAHA入りの洗顔料なども有効です。

目元の小じわやクマ、たるみが気になる場合は、専用のアイクリームやエッセンスの使用がおすすめ。
使用するときは、小じわの流れに逆らって、やさしくこすらないように塗布しましょう。
目元に塗ったら残りはそのままほうれい線にも使えます。

食事にこだわる

細胞は食べる物で出来ています。
いくらスキンケアをしっかり行っていても、ジャンクフードやコンビニ弁当ばかり食べていたり、暴飲暴食していたら効果が半減。
いつまでも美しい肌を保つには、体の内側からのケアも必須です。

まずは、野菜とたんぱく質を1日3回摂ることを基本として、きのこや海草類などをバランス良く摂取しましょう。

美肌を考えたときに、野菜の中でもとくに意識して摂りたいのがβカロテンを含む緑黄色野菜です。
抗酸化作用が強く、体内でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を強くします。

水にこだわる

体内の60%は水で出来ています。
水分が足りなくなると代謝が悪くなり老廃物の排出もできなくなるため、肌荒れの原因になります。水は、喉が渇く前に摂るようにしましょう。
ミネラルを補給したい場合はミネラルウォーターを、ダイエット中なら腸を刺激して便秘解消を促す炭酸水がおすすめです。

睡眠

細胞は夜寝ている間に修復されるため、美肌と健康のために質の良い睡眠は欠かせません。
とくに眠り始めの3時間の間に成長ホルモンの分泌が盛んになるので、できるだけ6時間は眠るようにしましょう。

睡眠のゴールデンタイムは22時から深夜2時と言われていますが、午前0時までの同じ時間に寝るようにすれば問題ありません。
質の良い眠りにつくためには夜に糖質を減らしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、自分に合った寝具を使うなどの工夫が有効です。


まとめ

年を重ねても若々しい肌を保つには、エイジングサインに気づくことや生活習慣を整えることが重要です。
その時の肌状態や肌悩みに合ったスキンケアと、体の内側からのケアでエイジレスな美肌を叶えましょう!