PRODUCT

商品一覧

BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

UVクリーム「石けんで落とせる」「ウォータープルーフ」タイプ別のメリット・デメリット

UVクリーム(日焼け止め)にはさまざまな種類があり、商品によって効果はもちろん、落とし方や落ちにくさにも違いがあります。実際に選ぶとき、「石けんで落とせるタイプ」と「クレンジングが必要なウォータープルーフタイプ」、どちらにしようか迷った経験はありませんか? 
適切な紫外線対策をおこなうために、それぞれのメリットやデメリットをUVクリームの種類とあわせてチェックしてみましょう。


石けんで落とせるUVクリームのメリット・デメリット

メリット:石けんや洗顔料で落とせる

石けんで落とせるUVクリームのメリットは、その特徴どおり石けんや洗顔料で落とせることです。クレンジングが苦手な方、お風呂で一度に落としたい方にとっては大きなメリットといえるでしょう。W洗顔が不要なので肌への負担も少なく済みます。洗顔時の負担を少なくして肌のうるおいを守りたい方、敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。
また、普段から使用している石けんや洗顔料で比較的手早く落とせるため、小さなお子さんのUVケアにも使いやすいというメリットがあります。

デメリット:商品によっては水や汗で落ちやすい

石けんで落とせるタイプのUVクリームはすぐに落とせる分、水や汗に弱い傾向があります。正確には商品によって異なりますが、耐水性が低いものは海やプール、汗をかきやすいシーンにはおすすめできません。とくに日焼け止めを多く使用するサマーシーズンは水辺やレジャーに出かけることも多いでしょう。その際に水や汗で落ちやすい日焼け止めを使用するとうっかり日焼けを起こしてしまうこともあるので注意が必要です。また、日焼け止めが濡れて落ちると衣類にも付着しやすいので、あわせて注意しましょう。


ウォータープルーフUVクリームのメリット・デメリット

メリット:水や汗に強く落ちにくい

ウォータープルーフのUVクリームは耐水性に優れているため、水や汗で落ちにくいというメリットがあります。海やプール、汗をかきやすいシーンにも対応できますから、真夏のレジャーシーンなどでも大活躍してくれます。また、蒸れやすいマスクの下のUVケアにも効果的です。

デメリット:クレンジングが必須

ウォータープルーフのUVクリームには、水や油に強く肌に吸着するシリコン成分が使われています。シリコンは石けんや洗顔料で落ちにくいため、使用後にはクレンジングが必要です。肌に残ると毛穴を塞いでニキビや肌荒れの原因になりますから、丁寧なクレンジングを心がけましょう。


どちらのタイプもきちんと落とすことが大切!



以上のように、石けんで落とせるUVクリームとウォータープルーフのUVクリームは耐水性や肌への密着度が異なります。短時間のお出かけやデイリーシーンには石けんで落とせるタイプ、長時間のお出かけやレジャーシーンにはウォータープルーフタイプなど、シーンによって使い分ける方法がおすすめです。

そもそも「石けんで落とせるタイプだから肌にやさしい」「ウォータープルーフタイプだから肌への負担が大きい」とは一概に言い切れません。自分の肌質やライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

ただし、どちらも肌に残ると炎症や肌荒れなどの原因になります。健やかな肌を保つために使用後はきちんと落としましょう。

石けんで落とせるタイプでもクレンジングがおすすめ

石けんで落とせるUVクリームは洗浄で簡単に落ちるイメージがありますが、実は石けんや洗顔料で洗っても一部の成分が肌に残ることがあります。“石けんで落とせる”という表記はあくまでも目安であって、商品によっては肌に吸着して落ちにくいものもあるのです。「洗っても肌に残っているような気がする」「毛穴が詰まりやすくなった」と感じているなら、石けんで落とせるタイプでもクレンジングをおこないましょう。

「落とせているか気になって、いつも以上に洗ってしまう」という方も、摩擦で肌を傷つけている恐れがあります。ゴシゴシ洗いを避けるためにクレンジングを取り入れてみてはいかがでしょうか。もちろん、どちらのタイプにしてもクレンジング時には肌をこすらずやさしく落とすことを心がけてくださいね。


UVクリームの種類と特徴

UVクリームはテクスチャやカラーにもさまざまな種類があります。肌質や目的に合ったものを選ぶために、それぞれの特徴もチェックしておきましょう。

クリームタイプ

保湿成分が比較的多く配合されていて、しっとりとした使い心地です。うるおいを与えながら紫外線ダメージを防げるため、乾燥肌の方に適しています。肌への密着度が高く成分が残りやすいので、クレンジングできちんと落とすことが大切です。

ミルクタイプ

乳液のように伸びがよく、塗りやすいことがメリットです。油分と水分をバランスよく含んでいるため、みずみずしい使い心地になります。摩擦に弱い敏感肌の方にもおすすめです。

ジェルタイプ

水分が多くサラッとした使い心地ですから、肌のベタつきが気になる方に適しています。ただし、透明にするために無色透明の紫外線吸収剤が使われていることも。肌への刺激が強い可能性があるので、敏感肌の方は使用前にチェックしましょう。


UVクリームのカラーバリエーション


透明

透明の日焼け止めには、無色透明の紫外線吸収剤が広く使われています。白浮きしにくく、どんな肌の色にも使いやすいというメリットがありますが、紫外線吸収剤の刺激に敏感な方は注意しましょう。

ホワイト

UVクリームの中では、もっともオーソドックスなカラーです。厚めに塗ると白浮きすることもありますが、肌の色をワントーン明るく見せてくれます。

ピンク

ピンク系のUVクリームは、肌に自然な血色感を与えてくれます。顔色が悪く見えるときは化粧下地として使うといいでしょう。

ベージュ

肌なじみが良いカラーでナチュラルな仕上がりになります。赤み、色ムラ、シミ、そばかすのカバーにも効果的です。

パープル

肌のくすみが気になる方には、パープル系のUVクリームがおすすめです。赤みと青みをバランスよく含んでいるため、黄ぐすみを消して透明感を与えてくれます。

ブルー

ブルー系のUVクリームは、肌の赤みや黄みを自然にカバーします。ただし、もともと肌の色が白い方は血色が悪く見えてしまうこともあるため注意が必要です。


UVクリームを“落とすケア”も忘れずに

今回はUVクリームの種類やそれぞれの特徴をご紹介しました。どんなに優秀なUVクリームでも肌に残るとさまざまなトラブルを招いてしまうもの。使用後はUVクリームの種類に関わらず、クレンジングで落とすことをおすすめします。
クレンジングによる乾燥が気になる場合は、肌にうるおいを残す「クレンジングバーム」を使ってみてはいかがでしょうか。W洗顔不要ですから、肌への負担も減らすことができますよ。毎日の紫外線対策と同時に、UVクリームを正しく落とすケアも続けていきたいですね。