PRODUCT

商品一覧

SUPPORTER サポーター

遠藤直美(Naomi Endo) Hair make artist

【経歴】

  • 2003 都内某ヘアサロン入社
  • 2011 語学留学のためNYへ渡米
  • 2013 アメリカアーティストビザ獲得
    ヘアアーティストAkki(Art partner)の元でアシスタントを始める
  • 2015 様々な外国人アーティストのアシスタントを経て独立。
    雑誌、広告、NYファションウィーク、Parisファッションウィークなどの仕事をメインに活動。

【コメント】

NYに来たばかりの頃、英語がうまく喋れず、はっきり意見を言えずにバカにされたこともあり、たくさん泣いた。
くやしさを乗り越えて、自分らしさを表現することで、今の強さを培えたのだと思う。

あるがままの自分。ナチュラル。余計な装飾はしたくない。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。自己主張していい。それでいい。
私一個人として認めてもらえること。それが私を強くさせてきた軸。
Star of the color 愛用 15年

遠藤直美(Naomi Endo)

岡野千江子(Chieko Okano) Make -up & Hair artist  FREE CLIQUE代表

【経歴】

東京都出身

  • カネボウ化粧品(株)勤務後,ヘアーメイクプロダクションオフイス・コジマ入社
    広告[TV-CM]を主に、映画 .TVドラマ~等、ヘアーメイク活動開始
  • 1982 大林宣彦監督作品、映画「転校生」参加。以降,映画・CMをメインに活動
    独立後、1995 ヘアメイク事務所FREE CLIQUE(フリー・クリック)開設、
  • 2000 専門学校講師活動開始、ヘアーメイク研究塾主宰

【コメント】

「今回はノーメイクでやります…お化粧はするけどね」大林宣彦監督作品、映画「理由」で監督がキャストの方々に伝えた言葉です。多くの映画の仕事で俳優さんのヘアメイクを担当させて頂き、この言葉に最初は驚きました。メイクという言葉は今は一般的ですが、嘗て一般の方々はお化粧と言ってました。メイクアップは様々なイメージを「創り上げる」事、お化粧とは綺麗にする事、粧う(よそおう)事と捉えてみたら目的が全く違うものです。俳優さんがメイクアップによって年齢や職業、性格や立ち居振る舞いまで役になり切って心の中を表現出来る様「心をメイクする」中でもベースメイク=フェーストーンを重視して、映像技術や表現の変化の中、日常性も兼ね備えたスターオブザカラーを映像使用に特化したコスメとして共に歩んできました。「理由」のメイクは映画の狙いとしてお化粧を眉と口紅だけで表現しましたが、ノーメイクという事は特に女優さんにとっては裸でキャメラの前に立つと同じくらいの決意が必要です。そのくらいベースメイクによってメディアで皆さんが見ている女優さんになるんですね。メイクでもお化粧でもそこに心が見えて来る、ベースメイクが映画のヒロインの様に誰にとっても煌きを表現出来るリボーンアイテムとなる、それこそがスターオブザカラー が最も大事にしている亊なのではないでしょうか。

岡野千江子(Chieko Okano)

Asami Maeda Hair make artist

【経歴】

東京にてヘアメイクアシスタントとして2年間師事。

  • 2009 独立。その後渡仏し雑誌・広告・カタログ等で活動。
  • 2011 ヘアアーティストAkki(Art partner)のヨーロッパアシスタントを務め数々のショーや撮影に同行。
    NY・LONDON・PARIS・MILANOコレクションではGuido Palauのチームの一員として数々のショーに参加 (2012〜2017年)
  • 2020 パリをベースに活躍中。

【コメント】

2009年に出逢って以来、10年以上スターオブザカラーの大ファンです。 プロ仕様な仕上がりにも関わらず扱い易く、日常から撮影や結婚式等の特別な一日まで美しく個性を引き出すお手伝いをしてくれるので一年中大活躍してくれています。

メイクアップを隠すためやただ上塗りする物と捉えず 魅力と個性を 引き出すためにあるものだと提言し 実現してきたスターオブザカラーのこれからに益々期待しております。

Asami Maeda

永 夏子 女優・心理カウンセラー

【経歴】

1983生まれ。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。
卒業後(株)LDHに所属、俳優として舞台やドラマに出演し、その後(株)BABEL LABELで映画、CMなどを中心に活動。
2018年、芸能界及び表現者とそのサポーターへのメンタルケアを普及するべくOffice GENE(株)を設立。

【コメント】

普段化粧っ気のない私が、メイクをしてカメラの前に立つと、違う誰かになれる。
そのスイッチでもあるメイクは、どちらかというとONモードにだけ必要なものでした。
STAR OF THE COLORのコスメたちはそんな私にも違和感なく、ONでもOFFでも手放せなくなる本当にナチュラルな使用感。
それでいて、しっかりと表情を引き立ててくれる。自分に自信を持たせてくれる素晴らしいアイテムです。
(ショップスタッフの皆さんも凛として美しく、使い方など丁寧にアドバイスをくださるのでとても頼りになる存在です。
メイク以外でも、癒されたいときは立ち寄らせてもらっています。)
崩れづらく色んなシーンに活躍してくれるので、メイクや美容上級者の方にはもちろん、フルメイクがどうも苦手…という意識のある方にもオススメしたいです。

永 夏子

松本 江里子(MATSUMOTO ERIKO) M's株式会社 M’s hair&make-up(ヘアメイク事業部)
ディレクター・マネージャー

【経歴】

東京都出身。 2003年 ベルエポック美容専門学校ヘアメイク科に入学。 卒業後、アーティストのPVや、ライブ、ドラマ、バラエティ番組にてヘアメイクを担当。その後フリーランスへ。 2020年1月 M’s株式会社 M’s hair&make-up(ヘアメイク事業部)を設立。

【コメント】

スターオブザカラー(STAR OF THE COLOR)の、クリームファンデーションは、保湿力があり柔らかいテクスチャーなため、薄いベールのようなナチュラルな肌からしっかりカバーした肌まで幅広く作ることができます。

色が豊富なため、男性の肌色にも合わせることができ、肌の皮脂と混ざることで自然な艶を演出することができとても助かります。
リキッドファンデーションは、伸びが良くとても使いやすいファンデーションです。汗にも強く、肌にぴったり密着してくれるため、夏のロケなどでも重宝しています。
クリームチークは色がとても肌なじみする色ばかりで、ファンデーションと相性かいいためとても自然な血色を作ることができます。特にソフトオレンジは、くま消しに最適で、その上からイエローハイライトを載せると、くまを消すだけでなく目元をパッと明るくしてくれます。

松本 江里子(MATSUMOTO ERIKO)

河邉こずえ 舞踊家、大学講師、芸術博士、劇場アートディレクター

【経歴】

現役ダンサーとして、振付・演出家として多様な舞台を創作
近年は、写真、映像にも力をいれSNSに美しい景色とダンス作品を発信している。

【コメント】

普段から、人に見られるお仕事をしているので、いつどの角度から見られても美しくいられるコスメを探していました。私はダンサーなので日々のお稽古中のメイク崩れも悩みでしたが、スターオブザカラーは崩れず、ずっと綺麗でいられます!憧れの女優さん達が使用しているのも納得です。
スターオブザカラーの「強さも美しさも妥協しない」のコンセプトが響いています。
毎日の自分に自信をくれる最愛コスメです!!

河邉こずえ

Azusa Barbie(アズサ・バービー) Barbie collector / nail artist

【経歴】

日本生まれ。アメリカ ロサンゼルス在住。
ハリウッドセレブのネイルアーティストとして活動する傍ら、
自らのライフスタイルやバービーコレクションをバービーインフルエンサーとして世界に発信し続ける、自他共に認める「世界一のバービーファン」。

【コメント】

STAR OF THE COLORのコンセプト、
特に『強さを内に秘めながら自分の人生を熱烈に生きる人』というフレーズを初めて目にした時、
本当に私のことを言っているのではないかと共感しかありませんでした。
アイテム自体も、肌を分厚く覆い隠すのではなく
素肌を自然に、でもより綺麗に見せてくれるところがとても気に入っています。

海外で日本人女性が一人で生きていくのは決して容易ではありませんが、
培った経験と未来への目標を武器に奮闘する毎日です。
人種もライフスタイルも多様性に富んだLAにいると
本当の意味で外見も内面も自分に自信を持ち、
ありのままに生きる素敵な人達、特に強い女性にたくさん出逢います。
異国の地でも日本人らしさを大切にしながら、私もそんな強く素敵な女性でありたいと思います。

Azusa Barbie(アズサ・バービー)

ASUKA Hair make artist

【経歴】

2005年 都内有名美容室にてカラーリストとして勤務。
2010年 フリーランスヘアメイクとして独立。
その後はCM.広告.PV.Magazineなど幅広い分野で活躍中。
カラーリストの経験を活かして、色の持つ印象やその人に似合う色を提案しながらヘアメイクをするが得意。過去の参加作品は国内外の展示会やマガジンにも掲載されている。
・Visionary Award 2017 世界大会 2位(make up)
・Visionary Award 2018 世界大会1位(make up)

【コメント】

スタカラとの出会い。最初のきっかけとなったのは、友人のヘアメイクさんからの紹介でした。
すごく良いファンデーションがあるから、使ってみてとオススメしてもらったのです。

初めてタッチアップした際は、ファンデーションの保湿力の高さと絶妙な色味に「すごい!」「とってもいい!」と連呼したことを覚えています。
そして実際に映画の撮影で女優・俳優さんをメイクする際に使用させていただきました。

当時は冬で、皆が乾燥を気にする季節でしたが、ファンデーションやチークは肌ノリもよく潤いが続くので、時間が経っても乾燥ひび割れもしなかったんです。成分がワセリン由来で出来ているので、お肌が弱い方にも安心して使えましたし長時間メイクをしていてと肌が荒れるなんてことも勿論ありませんでした!

過酷なロケで、お肌の状態が良い感じにキープ出来たのはスタカラさんのおかげでした!
これからも、様々な撮影の場で使用させていただきます。

ASUKA

Debbie Zoller(デビー・ゾーラー) Hollywood top Makeup Artist(エミー賞ノミネート9回)

【作品】

  • 2018 A Star Is Born(スター誕生)
  • 2017 Twin Peaks(ツインピークス)
  • 1997 Men in Black (メンインブラック)

【コメント】

長年愛用しているが、役によって色々な肌に仕上げていくのに最適、自然で、素肌感はトップクラスよ。付けすぎないようにして、ハイライトを入れることで、とても透明感、ツヤもキレイよ。

Debbie Zoller(デビー・ゾーラー)

Tym Buacharern(ティム・ブアシャラン) Hollywood top Makeup Artist(エミー賞ノミネート)

【作品】

  • 2018 Black panther(ブラックパンサー)
  • 2006 Dream girls(ドリームガールズ)
  • 2001 A.I.(エーアイ)

【コメント】

私はルースパウダーが大好きです。 絹のように細かいテクスチャー。 それはしっかり乾燥を防いでくれてメイクアップをしっかりステイしてくれます。

Tym Buacharern(ティム・ブアシャラン)

Victor Del Castillos(ビクター・デル・カスティロ) Hollywood top Makeup Artist(エミー賞ノミネート)

【作品】

  • 2017 The Greatest Showman(グレイテストショーマン)
  • 2012-2014 Glee(グリー)
  • 2010 Alice(アリス・イン・ワンダーランド)

【コメント】

スターオブザカラーは私が試してきたファンデーションの中でも、もっとも仕上がりがナチュラルだよ。クリーミーなテクスチャーが肌と完璧に一体化し、色合いも素晴らしい。日常使いから、撮影の仕事まで、あらゆるシーンで重宝しているよ。日常的な使用でも、カメラでの作業でも、Star of the Colorは素晴らしい選択です。

Victor Del Castillos(ビクター・デル・カスティロ)

Miyabi Goto(後藤雅) Makeup Artist

【作品】

  • 2015 矢沢永吉MUSIC VIDEO
  • 2018 TADASHI SHOJI FASHION
  • CM:Panasonic、Kracie、ZOJIRUSHI、Shell

【コメント】

撮影の際、長時間つけていても崩れないので驚きました。タッチアップする回数も少なくて済みます。カバー力もあり、シミ、くすみが目立ちません。このファンデーションは、他の会社に比べると のびもよくスムーズで一度塗りで綺麗にお肌につきます。日焼け止め効果もあり、外のロケでは、このファンデーションだけで十分です。少量でカバー力があるので、少しずつのばして全体的に塗った後、シミなど気になるところだけ、軽くたたくようにスポンジで塗っていきます。

Miyabi Goto(後藤雅)